NEW

ダンベルワンハンドロウをダンベルラックで行う

【この記事のキーワード】

, ,

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

本日のテーマは、「ダンベルワンハンドロウをダンベルラックで行う」についてお伝えしていきます!

皆さんは、ワンハンドロウを行うときにフラットシートの手を置いて行っていますか?それともダンベルラックに手を置いて行っていますか??

おそらくフッラットシートに手を置いて行う人の方が多いかと思います!そのため、今回の記事ではダンベルラックに手を置いてワンハンドロウをするとどのような効果が得ることができるのかを説明していきます!

 

ラックを使用する理由は?

 

まず考えられることとして、

背中をストレッチさせる際に、二段モーションで行うことができます!腕をより床に近づける動きができるということです。それによって、シートの時よりも広背筋がストレッチ(伸張)されやすくなります。

方法としては、

まず足の位置についてです。肘を引く側については、股関節の真下に足がくるようにします。そして、手をつく位置は頭の前に置きます。そうすることで骨盤が安定しやすくなるからです。

次のポイントは肘から上げることです。もし、肩が上がってしまうと、広背筋ではなく僧帽筋や大円筋を鍛えてしまうからです!

 

まとめ

 

まとめとして、

ラックを使用する大きな目的は広背筋をストレッチさせることができるからです。  そのため、しっかりとエキセントリックで収縮感が欲しい方はフラットシートでななく、ラックに手をついて行ってみてください!!

 

Tomoya

Tomoya 日本体育大学在学中よりトレーナーとして活動しており、トレーナー歴10年になります。 専門分野は、カラダの動きや姿勢改善などにより身体の不調を改善することです。 このようなことでお悩み...

ダンベルワンハンドロウをダンベルラックで行うのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ