NEW

回復時間とトレーニング頻度

【この記事のキーワード】

,

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

何を行うにしても物事を成し遂げるためには様々な方法があります。

カラダ作りにおけるトレーニング方法に関しても正にそうでしょう。

回数を多めにしたり、少な目にしたり。

何が何でも高重量でのトレーニングで行ったり。

インターバルを長めに入れたり、又は短めにしたりと人それぞれで異なってきます。

トレーニングに勤しんでいる人の数ほどトレーニングにはパターンがあります。

そして人それぞれ、自分の方針やルーティンを持っています。

自分に最も効果的なトレーニング方法や頻度を見つけるのはとても大切なことです。

上記でいくつか上げたトレーニングの方法のなかで、回数やインターバルと並んで、トレーニング頻度もやはり重要は要因となります。

一つの部位の回復にどれだけの時間を当てることができるかです。

基本的に各部位を週1回の割合で行う人がほとんどだと思います。

重要なのはその自分に合ったトレーニング頻度を見つけることです。

回復の基本的なルールとして痛みが酷く感じたり、残っている様であればトレーニングを行わない。

といったことを考慮したうえで最低でも48時間以上は空けていけるようにしましょう。

これで目安にはなる基準とはなりますが、最低限の基準となりますので、これによって完全に回復が保証されているわけでもありません。

適切な回復時間を確保して、各部位のトレーニングスケジュールを管理するのが賢明です。

・YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

・ホームページ

↓↓↓↓↓

https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

・Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

 

宋 太一

Song Taeil 自分の目標に合った カッコいいカラダ作りのために、タフなカラダ作りのため 基礎からあらゆるテクニックまで、筋肉トレーニングでのお悩みを解決いたします。 競技歴 ・CJBBF ...

回復時間とトレーニング頻度のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ