NEW

現代人が筋トレするといけない理由

どうも!パーソナルコンディショニングトレーナーの


曽根田 健一(そねだ けんいち)です〜(^ ^)


本日のブログのテーマは

『現代人が筋トレするといけない理由』

です。

 

先ずは簡単にトレーナーを生業にする経緯をお話しさせてください。

大学生の頃ムキムキになりたくてフィットネスクラブでバイトしながらジムに通い

フィットネスクラブで社内資格を取りながら指導していいたのがトレーナーの始まりでした。

 

そこで新卒の会社でも移動となり一年目の後半には

高齢者

大学の部活生

を対象に筋トレを指導していました。

 

ここまでは筋トレは誰にでも効果があり万人がやるべきだと感じていました。

(しかし多くの人が筋トレしたことない人でした)

 

そんな中、トレーナー業を新卒でやるなら本格的にパーソナル業界に

身を置こうと思い3年目になる前にパーソナルジムに転職しました。

 

そこである違和感を感じるようになりました。

 

多くの人が

・見たままの動きを真似できない

・慢性痛により思うようにトレーニングができない

・筋トレすると身体が痛くなる

・痛みがあるのに筋肉痛が来ないといけないと思っている

 

多くの人が運動によって身体を変えたいにも関わらず

身体がトレーニングに耐えられないのが実情でした。

 

シンプルに身体を鍛える状況ではなく

身体が心身ともに壊れていてハードなトレーニングができない状況でした。

 

そんな実情の中、私自身も腰痛により思うように筋トレが

できない状況になりました。

 

 

つまり

現代の身体は

・デスクワークにより筋トレできる柔軟性がない

・文明社会の発展により身体から連動性が失われてしまった。

(登る、投げる、走る、飛ぶなどの動きをしない為連動性は消えてしまった)

 

 

想像してみてください。

身体が硬くなった状態で何年も運動していない状態で

筋トレをする。

 

そんな状態では思うように身体はコントロールできない

ので見たままの動きは真似できなのです。

 

もし貴方が

身体が硬く運動をずっとしていないのであれば筋トレはやめましょう。

 

更に問題は深刻です。

 

例え現状身体に問題がなくとも

筋トレだけを続けたら体は硬くなりデスクワーカーのように思うように

動きを真似できない身体になるのです。

 

そこで理学療法士のトレーナーから

教わったのがリハビリから派生した

コレクティブエクササイズ

です。

 

もし運動や筋トレを正しく楽しみたいなら

更には身体の痛みを取り除きたいのであれば

機能を取り戻すこれクティブエクササイズをお勧めしまう。

 

ちなみに曽根田のパーソナルトレーニングでは6割ぐらいが

このコレクティブエクササイズです。

気になる方はお問い合わせください。


それでは本日も素敵な1日をお過ごしください〜♪


曽根田 健一


IG: @KENSONE817

池袋・赤坂にてパーソナルトレーニング受付中です‼


学術的なトレーニングをしてみたい方!


下記ホームページより、体験トレーニングにお申し込みお待ちしております。(^^)/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【パーソナルトレーニングお問い合わせはこちら】


『base BODY CONDITIONING』


https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9


【INSTARGRAM】


https://instagram.com/kensone817?igshid=85lokn0yt467


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

睡眠時足つり改善パーソナルトレーナー 曽根田 健一

睡眠時足つり改善トレーナー 曽根田 健一 当てはまる方是非一度ご相談くださいませ。 *睡眠時に足をつる方 *産後の方 *体力に自信のない方 *身体が硬い方 *姿勢を気にしている方 *痩せたい方 *筋...

現代人が筋トレするといけない理由のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、食事、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ