NEW

マイナスな影響を引き起こさずしっかりと継続できるトレーニング方法

【この記事のキーワード】

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

肉体改造のためトレーニングに励む日々。

これでもかというほどガンガンにトレーニングをこなしてしまい、数週間後にはペースが落ちてしまい、最初に掲げ挙げた目標が遠ざかってしまう…

といったケースもあります。

仕事やプライベート、そしてトレーニングの両立で精神的にも肉体的にも消耗しきってしまい、思うようにコトが運ばなくなったりします。

こうした中枢神経・筋組織などの問題は、トレーニングプログラムを見直す事で改善できます。

マイナスな効果を引き起こす原因・影響を引き起こさず、しっかりとガンガン追い込めるトレーニングプログラムとは?

そこで紹介するのが高重量を扱う週、そして軽めのトレーニングを行う週と交互に取り入れていく事で、精神的にも肉体的にも余裕を持たせていく方法です。

ここでいう軽めのトレーニングというのが休養日という事になります。

交互に取り入れていく事で、強度が高い高重量トレーニングを繰り返す行い、疲労を招く事態を避けて継続できます。

高重量を扱うトレーニング週は筋力とパワー強化に重点を置きます。

この週では5〜8回程度の回数を爆発的な動作を意識しながら気合いを込めて行います。

軽めのトレーニング週は、高重量を扱うトレーニングとのバランスを取り、10〜20回程度の回数で行い、エキセントリックの局面をより意識しながら動作していきましょう。

YouTube

↓↓↓↓↓

https://youtube.com/channel/UCj1mHJkJqPymPmvJtGe2I1Q

ホームページ

↓↓↓↓↓

https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

マイナスな影響を引き起こさずしっかりと継続できるトレーニング方法のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ