NEW

グリセミックインデックス

【この記事のキーワード】

GI値という言葉を聞いたことがありますか?
ダイエットや減量をしたことがある人は聞いたことがあると思います!

この記事を読んだ後は明日からダイエットの時に食事選びでGI値を意識した選ぶことができるので、ダイエットがスムーズに進んでいくようになるでしょう!

GI値とは

GI値とは『グリセミックインデックス』の略で食後血糖値の上昇度を示す指標です。

つまりインスリンの分泌量を知る手がかりになるのです。

高GI値の食事を取るとインスリンが大量に分泌されるので血糖値が上昇します。そうすると体は1回にエネルギーに変えられるカロリーは決まっているので(個人差はありますが)、エネルギーに変換できなかったカロリーは脂肪として蓄積されるのです!

しかし、高GI食は筋肉も同時に大きくしやすい効果もあるので、一概に悪いとは言えませんが自分の目的やタイミングに合わせて選んでいくのが賢いでしょう!

逆に低GI食はインスリンの分泌量が抑えられるため、筋肥大を目的とするタイミングにはむかないですが、血糖値の上昇が緩やかなので、脂肪を乗せたくないときはとても有効と言えます!

具体的なGI値

米、パン、麺類
高GI食品(70以上)

食パン、フランスパン、うどん、そうめん、白米

中GI食(56〜69)

パスタ、お粥

低GI食(55以下)

玄米、ライ麦パン、オートミール、そば、五穀米

 

イモ、豆、野菜

高GI食(70以上)

じゃがいも、人参、あんこ、山芋、とうもろこし

中GI食(56〜69)

カボチャ、里芋、栗

低GI食(55以下)

さつまいも、厚揚げ、豆腐、納豆、ほうれん草、ブロッコリー

などが挙げられます!

まとめ

上記のものを参考にして各タイミングで摂取することをおすすめします。

本人の目的にもよって選ぶ食品やタイミング、量なども変わってくるので私的にはゲーム感覚で食事を楽しめるので楽しく感じています!!

僕のインスタとHPと職場です。
気になることがあればDMで全てお答えします!!
体のことでお困りならいつでもご相談に乗ります!


Instagram


HP


いとう鍼灸整骨院

グリセミックインデックスのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ