NEW

ラットプルダウンでこれをやると安定しやすい!!

【この記事のキーワード】

,

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

本日のテーマは、ラットプルダウンで骨盤の位置を気にすると、安定したフォームになるよ!ということをお伝えします!!

背中の種目では、骨盤の位置が非常に大切なポイントになります。特にラットプルダウンは、多くの方が行なっている種目かと思います。

そのラットプルダウンでちょっとした意識をすることで今までよりも背中に刺激が入りやすくなるかと思います!!今回の記事を読んで、今日からの背中トレーニングで意識してみてはどうでしょうか?

それでは説明していきます!!

 

ラットプルダウンで骨盤を立てると・・

 

骨盤を立てるとは、骨盤がやや前傾することです。この状態で行うと、腰椎と骨盤が安定しやすくなります。そうすると、腹圧が入りやすくなります。

そのため、バーを引いた時に収縮でも力が入りやすくなります!!

 

逆に、骨盤が寝た状態(骨盤が後傾)になると、脊柱が丸くなる動きになります。それによって、肩甲骨が上に上がってしまい、僧帽筋を鍛えることに繋がってしまいます。

 

つま先は開きすぎると・・・

 

ラットプルダウンでつま先を外側に開きすぎると、股関節が開くような動きになります。それによって、骨盤が過度に反るような形になります。

よって、腹圧が抜けてしまい収縮時に力が入りにくい特徴があります。

 

まとめ

 

今回は、ラットプルダウンで骨盤を前傾(骨盤を立てる)することで、腰椎が安定しやすくなり、腹圧が入りやすくなります。それによって、収縮した時にしっかりバーを引くことでできるようになります。ぜひ、意識して行なってみてください!!

ラットプルダウンでこれをやると安定しやすい!!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ