NEW

チンニングで広背筋に効かせるコツ!

【この記事のキーワード】

, ,

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

今回のテーマは、チンニング(懸垂)で広背筋に効かせるコツ!についてお伝えしていきます。

皆さんは、チンニングでどこを鍛えることができていますか??自分が狙った筋肉に刺激を与えることができていますか?

チンニングは、背中を鍛える種目の代表例でもあり、自重にもかかわらずしっかり正しいフォームで行うと、背中を全体的に鍛えることができます。

しかし、多くのトレーニーがチンニングで大円筋や僧帽筋をメインで鍛えるようなフォームになっていることが多いです。そのため、今回はそのような方に向けて、広背筋に効かせるコツをご紹介したいと思います!!

 

チンニングで広背筋に効かせるコツ

 

それは、骨盤の位置です!!

自重チンニングを行うときに、足はどうしていますか??

ぶらーんと下に下ろしているか、少し膝を曲げているか、それとも足をしっかりクロスさせているのか。細かいポイントですが、このちょっとした違いによって効きが変わってきます。

 

結論として、足をクロスすることがおすすめです!

なぜかというと、足を後ろでクロスすることで骨盤を立てることにつながります。  それによって、股関節が外側に開く動きになります。

そうなることで、より骨盤が前傾して、引き上げることができます。

結果として、上半身でしっかりバーを身体に引きつけることにつながります!!

 

まとめ

 

チンニングのちょっとしたコツですが、ぜひ体現してみてください!!

チンニングで広背筋に効かせるコツ!のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ