NEW

体重計に乗らない方が良い人

【この記事のキーワード】

,

みなさんこんにちは。パーソナルトレーナーのアスカです。

今回はダイエットするときにほとんどの方が体重計に乗って自分の体重がどれくらい減ったのか確認すると思います。しかし中には体重計に乗らない方が良い人もいます。本来ダイエットとは心身ともに健康な状態を作るということが目的ですが、体重計に乗ることがストレスになり病んでしまうケースは少なくないです。そこで今回は3つのトピックに分けてお話をしていきます。

体重計に乗った方が良い人

①ダイエットや減量の初期段階の人

ダイエットを始めて間もない時は数値の変化が出やすいです。というのもダイエットを始めてすぐにストンと2キロほど落ちることがあります。これは正確には脂肪だけではなくその多くが水分です。脂肪が落ちていくにはその後からということを覚えておきましょう。

②ダイエット・減量方法を変えた人

ダイエットを開始してから1ヶ月過ぎたあたりで停滞することがあります。そのようなときん食事内容を変化させるわけですが、このときに体は新しい食事に反応して体重が落ちることがよくあります。脂質制限から糖質制限に切り替わるときや食事量を変化させたときには体重計で確認してみましょう。

体重計に乗らない方が良い人

体重計に乗らない方が良い人は、数値で気持ちが浮き沈みしやすい人です。体重は1日1日で変化します。同じ食事をとっていたとしても体の水分や便によって1キロや2キロの変化はよくあることです。ですがどうしても体重計の数字に一喜一憂してしまう方は乗る頻度を週1にしてみたりと工夫が必要です。

体重計に乗るタイミング

もちろんですが体重計に乗るタイミングは統一すべきです。一般的には朝起きてトイレを済ませたあと計ると体に何もない状態でわかりやすいです。しかし前日に爆食いをしてしまったというときは翌日の体重はほとんどの方が増えています。

今回は体重計に乗らないほうが良い人に関連して内容でした。

 

体重計に乗らない方が良い人のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ