NEW

背中の発達に必要は種目は? その④

【この記事のキーワード】

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

背中のトレーニングをする上で、非常に多くのトレーニー達に共通した悩みがグリップです。

今回はグリップについて考えていきましょう。

『背中を鍛えていても、腕の方に効いてしまい、うまく効いているのかどうか分からない』

と言った悩みはよく聞きます。

腕に刺激をあまり与えずに、背中を上手に効かせていく為にはどうすればよいのでしょうか?

その為のテクニックの一つがグリップです。

握り方によって、腕への負担が少なくなります。

基本的に背中のトレーニング全般で言える事ですが、小指側から握っていき、人差し指までシャフトに絡めていきます。

そして親指は人差し指の横に添える様にする【サムレスグリップ】で握り込む様にしましょう。

中でも小指から中指に掛けてのグリップを強くする意識をしていき、人差し指は絡める程度と意識していきます。

親指を他の指と同じ方向に巻きつける【サムレスグリップ】なのは、小指側がバーに深く絡みつくことが可能にかるからです。

そしてオーバーグリップに比べて、サムレスグリップは、小指から薬指、中指にかけて引きつける感覚を意識しやすい為、背中の筋肉をより意識しやすくもなります。

背中のトレーニングでバーの持ち方によって意識改革していきましょう。

https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓

こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

背中の発達に必要は種目は? その④のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ