NEW

背中の発達に必要な種目は? その③

【この記事のキーワード】

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

チンニング(懸垂)は背中の多くの筋肉群を刺激する事ができる素晴らしい種目です。

背中のトレーニング全般で言える事ですが、肩甲骨の動きをマスターすると、より効果が増します。

この背中の筋肉を上手に効かせるために欠かせない肩甲骨の動きについて考えていきましょう。

肩甲骨の動きをマスターするには、先ず肩甲骨の動きをおさらいしないといけません。

すると肩甲骨をコントロールする意識が分かりやすくなります。

チンニングの場合、肩甲骨の動きを は【上下】の動きと【斜め上斜め下】への動きが働きます。

この肩甲骨を上に挙げる動きを

【挙上】と言います。

そして下に下がる動きの事を

【下制】と言います。

先ずはこの挙上と下制の動きを練習していきます。

この2つの動きがスムーズに出来る様になったら、次に斜め上と斜め下の動きを練習していきましょう。

斜め上に動きが加わっていく動作には

【上方回旋】、【外転】が加わります。

そして斜め下に動きを加えていく動作の事を、

【下方回旋】、【内転】と言います。

この2つの動きは難しいのですが、背中のトレーニングをしていく上で非常に重要な動きとなります。

何度も何度も繰り返して練習していきましょう。

そして動きがスムーズになるようにマスターしていく事で、背中の筋肉の発を左右していきます。

チンニングでは、肩甲骨を上下に動かす動きには【大円筋】の刺激が強くなります。

そして斜め上から斜め下に動き加える動作は、【大円筋】、【僧帽筋】、【広背筋】と多くの筋肉群を刺激することができます。

https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.comお気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

 

背中の発達に必要な種目は? その③のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ