NEW

運動の代謝経路について

【この記事のキーワード】

,

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

本日のテーマは、「運動の代謝経路について」になります。今回の記事はトレーナー向け、もしくは身体の仕組みを知りたい方向けの記事になっています。

身体の構造を知ることで、普段のトレーニングに活かせるヒントが隠れているかもしれませんね!よかったらこのまま記事を読んでみてください。

 

運動の代謝経路は3つ

 

代謝経路は主に無酸素性と有酸素性に分かれており、これを3つに分けることができます。

・ATP-CP系

・解糖系

・酸化系

このうち、無酸素性に 「ATP-CP系・解糖系」有酸素性に「酸化系」が含まれます。

 

無酸素性とは?

 

まず、無酸素性とは、「無酸素性エネルギー」のことで、

酸素を使わずに、身体のエネルギーを生み出すことができます。そもそも身体を動かすには、ATPが必要になります。その際に酸素を利用せずに力を生み出す仕組みということです。

その無酸素性エネルギーには、

・ATP-CP系

・解糖系

があります。

 

有酸素性とは?

 

次に、有酸素性とは、「有酸素性エネルギー」のことで、

これは酸素を使ってエネルギーを生み出します。そのため、長時間のエネルギーを出すことができます。

つまり、無酸素性が陸上の短距離走で有酸素性がマラソンなどの長距離ということです。

 

まとめ

 

今回は、運動の代謝経路における基本についてお伝えしました!

身体の仕組みを知ることは楽しいですね!!

少しマニアックになりますが次回も引き続き、記事にしていきます!

運動の代謝経路についてのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ