NEW

医療従事者がローテーターカフトレーニングを使わない話

どうも!パーソナルコンディショニングトレーナーの


曽根田 健一(そねだ けんいち)です〜(^ ^)

 

今日の内容はマニアックです、、、

まぁ〜それでもパーソナルでお金払って教わって

いる人がいたら節約するチャンスになるんで書ききりますw

 


本日のブログのテーマは

『ローテーターカフトレーニングが

 使われなくなっている理由』

です。

僕が初めてこれをやっているのを見たのは野球部でした。

恐らくふんわりしたなんとなくやっておいた方がいいからぐらいな気持ちでしょう。

 

次に見たのはフィットネスクラブでパーソナルトレーナーがクライアントに

教えているところを見た時でした。

 

なんて地味なことしてしてるんだ!

世間話しならやってるし効果あんのか!??

っと二十歳の僕は見てましたw

 

そして僕が24歳になりパーソナルジムに就職した頃

肩を痛めてこれをやってみました。

一瞬軽くなる気がしました。一瞬です。

 

そして本格的に運動療法をPTの人から教わるようになるこのようになり

勉強していくとこのような

ローテーターカフトレーニングはほぼしないという、、、

その理由は

・対幹部のコアの入力ができていないから

・動かないように固定するという反射的入力ができないから

・ポジションを保ちながら動くという連続した反射入力ができないから

 

youtubeのサムネみたいに鍛えるのサボるな!とは思いますが、これらの

方法が有効とは感じないのです。

 

要は肩のインナーマッスルってもっと細かい神経入力が必要なんですよ、、、

ユーチューブで 「野球 ローテーターカフ」で検索して出てくる動画のトレーニンは

好きな姿勢で腕を一方向にしか動かさないんですよ。

 

それを「ターキッシュゲットアップ」と検索して出てくる

運動療法は姿勢のコントロール

刻々と変わる身体に受ける重力への対応

背骨、骨盤、鎖骨、肩甲骨全てが正しく動かないと機能しなそうですよね、、、

 

野球部のやるローテーターカフトレーニングを続けて

痛みが取れない方是非ご相談ください〜

 


それでは本日も素敵な1日をお過ごしください〜♪


曽根田 健一


IG: @KENSONE817

池袋・赤坂にてパーソナルトレーニング受付中です‼


学術的なトレーニングをしてみたい方!


下記ホームページより、体験トレーニングにお申し込みお待ちしております。(^^)/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【パーソナルトレーニングお問い合わせはこちら】


『base BODY CONDITIONING』


https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9


【INSTARGRAM】


https://instagram.com/kensone817?igshid=85lokn0yt467


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

医療従事者がローテーターカフトレーニングを使わない話のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ