NEW

筋膜の走行「徹底解説」

【この記事のキーワード】

,

 みなさんが筋膜って聞いたことありますよね!筋膜って全身タイツとかに例えられやういですが、いくつかの経路があってこれにより姿勢や運動の維持に関係してきています。
この記事を読めば筋膜がどのような走行になっているのか一目瞭然でわかるのでぜひ参考にしてみてください!!

筋膜は全部で12経路

筋膜は全部で12経路あります。
他の記事などを読むと全身タイツのように1つの筋膜が全身を覆っているかのように書いていますが、厳密には違います!

1つ1つの経路があり、それぞれに役割があります。

今回は筋膜の経路だけについて書きます。
それではどんなものがあるのでしょう?

スーパー・フィシャル・バック・ライン(SBL)

スーパー・フィシャル・フロント・ライン(SFL)

ラテラル・ライン(LL)

スパイラル・ライン(SPL)

スーパー・フィシャル・フロントアーム・ライン(SFAL)

ディープ・フロントアーム・ライン(DFAL)

スーパー・フィシャル・バックアーム・ライン(SBAL)

ディープ・バックアーム・ライン(DBAL)

バック・ファンクショナル・ライン(BFL)

フロント・ファンクショナル・ライン(FFL)

同調ファンクショナル・ライン(IFL)

ディープ・フロント・ライン(DFL)

名前を覚えるだけでも大変ですね汗

簡単に超簡単に説明

Thanks@teamLobBody

このように12個の筋膜によって体全体を覆うような形になります!

まとめ

筋膜リリースをするときはこの経路を意識して行うと良いでしょう!

ここの役割がありますが、今回は割愛させてもらいます。
とてもじゃないですが全部の役割を書くと莫大な量になるので。

ぜひ参考にしてください!

僕のインスタとHPです。

気になることがあればDMで全てお答えします!!
体のことでお困りならいつでもご相談に乗ります!


いとう鍼灸整骨院


Instagram


HP

 

筋膜の走行「徹底解説」のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ