NEW

ポジティブ思考の罠 辛い時に無理やりポジティブシンキングは絶対に失敗する

どうも!パーソナルコンディショニングトレーナーの


曽根田 健一(そねだ けんいち)です〜(^ ^)


本日のブログのテーマは

『ポジティブシンキングの罠』

です。

 

この業界って根性論が多くて全く論理的な思考をしない人が多いんですね〜

・自分はやればできる

・お菓子が食べたい時でも自分なら我慢できる

・嫌な事があったら筋トレして忘れる

・失恋で辛い時に、辛くない!もっといい人がいるから!

・痛みがあってもNO PAIN NO GAIN

 

このような脳筋マインド使いすぎたら失敗します。

もともと運動習慣がない人が稀に筋トレに目覚めて

めちゃめちゃ楽しんでいる人もいますが、、、

多くの場合には逃避行動として身体づくりをしている人が居て

実は失敗しているのです。

 

 

何か不安や心配事、苛立ちから逃げる為の筋トレも実は

成果がでにくかったり、継続できなかったりします。

 

 

また同様なネガティブな感情に襲われそうになった時に

無理やり、

「俺はそんな惨めじゃねー!」

「そんな感情に屈しない!」

あるいは

「そんな感情なんて俺にはない!」

なんて自分に言い聞かせてませんか?

ダイエット中にアイス食べたくなる自分に言い聞かせてませんか?

 

これらのストレス感情に対して

争ったり、逃げたりしてませんか?

更に残念ながら人は心配事やリスク管理常に考えることにより

反映してきました。

 

・死ぬリスクはないか?

・集落から仲間外れにされないか?

 

これらの思考パターンは人間の頭の中からは消えないようになっているのです。

 

更にこれらの感情から逃げることも、打ち勝つこともできないのです。

簡単な実験です。

『採れたてのレモンを二つに切ってかぶりつく』

はい、ではレモンのことを考えないでください。

.

.

.

どうですか?レモンのことを忘れられましたか?

なんならレモンがそこにないのにも関わらず

唾が口の中に広がる感覚はありませんか?

 

 

人の思考とは

多くが心配事や悩み事から構成されます。

更には頭の中のレモンのように現実でもないのに

身体に大きな影響を与えます。

 

つまり失礼して悲しい感情を

考えないようにすることもできなければ

悲しくないと感情と戦うこともできないのです。

 

ダイエット中にアイスが食べたくなって

考えないようにする事ができなければ

自分は食欲に負ける柔な人間じゃないんだと

信じ込ませることもできないんです。

 

逃げようとしたり、戦おうとすればするほど

失恋の感情や食欲も強く大きくなるのです。

 

 

これらは依存症の患者の思考パターンに重なる部分でもあるのです。

 

 

最後に

これらのネガティブな思考と付き合う最高の方法をお伝えします。

 

それはポジティブシンキングをやめて

あるがままの思考を受け入れることです。

もしこれを読みながら

アイスを食べたくなったとしたら

私は「アイスを食べたいという感情」を持っている。

と認識して受け入れてみてください♪

私は「OOという感情」を持っている。構文最高です。

 

もしこの方法が気に入った方には

更にこのアクセプタンス・コミットメント・セラピーの真髄を

お伝えしたいと思います。

 

 


それでは本日も素敵な1日をお過ごしください〜♪


曽根田 健一


IG: @KENSONE817

池袋・赤坂にてパーソナルトレーニング受付中です‼


学術的なトレーニングをしてみたい方!


下記ホームページより、体験トレーニングにお申し込みお待ちしております。(^^)/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【パーソナルトレーニングお問い合わせはこちら】


『base BODY CONDITIONING』


https://peraichi.com/landing_pages/view/basebody9


【INSTARGRAM】


https://instagram.com/kensone817?igshid=85lokn0yt467


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポジティブ思考の罠 辛い時に無理やりポジティブシンキングは絶対に失敗するのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ