NEW

上腕三頭筋をサイズアップ その④

【この記事のキーワード】

, , , ,

みなさん こんにちは。

パーソナルトレーナーの宋です。

上腕三頭筋は外側頭・内側頭・長頭からなる3つの頭があります。

外側頭は厚みを見せつけて、内側頭と長頭は形や太さを見せつけてくれます。

上腕三頭筋はその構造上、長頭に関しては、手を頭上に伸ばして肘を曲げていかないと、十分にストレッチされないようになっています。

なのでストレッチ種目として、ダンベルやバーベルなどを用いたストレッチ種目である、オーバーヘッド・エクステンションが有利となります。

このオーバーヘッド・エクステンションでストレッチを与えて、刺激する事で更に筋肥大へと導かせることができます。

その一方で、外側頭と内側頭はどうすれよいのでしょうか・・・

外側頭と内側頭に関しては、肘を伸ばしていく作用だけでも、鍛えていくことができます。

この外側頭と内側頭は肘の曲げ伸ばしで鍛えられるので、極端な話、ベンチプレスの協働筋として作用されます。

なので重量を扱える種目、ナローベンチプレスやディップスで、刺激を与えることができます。

更に収縮を上腕三頭筋に味合わせると、外側頭には特に刺激が入り、目指す上腕三頭筋に形に近づいていきます。

収縮系のエクササイズといえば、ケーブルで行うプレスダウンや、ダンベルで行うキックバックなどです。

このように上腕三頭筋もそれぞれの頭を、効率的に鍛え形作り、腕を太くしていく必要があるため、どの種目も好き嫌いなく、まんべんなく鍛えていくと、上腕三頭筋に進化につながります。

https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/

パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。

↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。

songteail@gmail.com

お気軽にお問い合わせください。

Instagram

↓↓↓↓↓

https://www.instagram.com/songtaeil814

上腕三頭筋をサイズアップ その④のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ