NEW

野菜は最初に食べるべき?

【この記事のキーワード】

こんにちはトレーナーのTAKAです。


みなさんは食べる順番は気にしていますか?


特にダイエットをしていれば雑誌やら書籍の情報で自然と野菜から食べますよね?

この食べ方はメカニズムとしても理にかなっています。

糖質の少なく食物繊維の多い野菜を先に摂る。

食物繊維が糖の吸収をおさえる。

血糖値の上昇がゆるやかになる。

インスリンの分泌も抑えられ

→結果、体脂肪になりにくい。


ここまでは皆さんも理解されているところだと思いますが、

これには前提があります


その前提が


野菜主体で約20〜30分かけて食べた後に食事を摂る場合です。


ここは最重要なことなので、覚えてほしいところでもあります。


なので5分で食事が終わってしまう

食事時間が短い場合は胃でまざって

食べた順番の意味がなくなってしまいます。

ゆっくり食べることってあんまり関係ないだろ?と思う方もいるかもしれませんが


ゆっくりしっかり噛んで食べることで

満腹中枢を刺激して満腹感を得ることができます。

さらに食事量のコントロールにも繋がってきます。


(注:食事量を減らすというとマイナスなイメージを感じるのでコントロールという表現にしています。 


よく噛まずに早食いになってる方は

感覚がマヒしている可能性が高いです。

食べても食べても満腹を感じず

お腹がいっぱいになってきたという身体のサインに気づけなくなってしまうと食事の量も増えてしまうかもしれませんね。


その改善法としてはゆっくり食べるや噛むなどは上記の通りですが、タンパク質(卵、大豆、肉、魚、乳製品)が満腹中枢を高めることもわかっているのでなかなか満腹にならない場合はタンパク質の摂取量を増やすことで腹持ちは違います。


話はそれてしまいましたが、野菜を食べる順番は5-10分で終わる食事ではあまり意味がなく野菜主体で20-30分かけた後に他の食材を食べることで糖の吸収を抑え血糖値の上昇を抑えてくれ

もしそれでお腹が満たされていない場合はタンパク質の量で微調整すると腹持ちも吸収面もベストになるので実践を是非してみてください。

野菜は最初に食べるべき?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ