NEW

RICEからPOLICEへ

【この記事のキーワード】

こんにちはトレーナーのTAKAです。


RICEからPOLICEへ

このフレーズやタイトルを見てピンと来た方やそれを理解できた方は


5%も居ないと思います。


いつもより少し難しい話ですが、今回の記事は周りで誰かケガしたときや緊急で応急処置しないといけないときに役立つことをお伝えします。


なので見てほしい対象としては

スポーツをされているお子さんをお持ちのお父さん、お母さんには特に読んでほしい内容になっています。


応急処置の手当の基本は今までRICE処置と言われてきました。


Rest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)

これらの頭文字をとったものであり


スポーツを始め外傷の緊急処置の基本と言われています。

しかし、安静だけでは、損傷した組織を保護できないことから、RICEにProtection(保護)を加えたPRICEと呼ばれる処置に変遷してきました。

さらに近年において、急性損傷の早期管理として必要以上の固定、安静は悪影響を及ぼすことが分かってきており、


安静(Rest)を、Optimal Loading(最適な負荷)


(例えば足首捻挫でもすぐに適切な負荷で正しくゆっくりでよいから負荷を掛けて歩かせる必要があります。

痛みによる逃避行動で足を引きずって歩いてしまうからです。

適切な負荷で丁寧に歩くなど行うと)

に置き換えたPOLICEという概念が広まりつつあります。


復習

P:Protection 保護

OL:Optimal Loading 適切な負荷

I:Ice 冷却

C:Compression 圧迫

E:Elevation 挙上


怪我が発生した後にはこの順番に従って対応を行ってみてください。


それらが選手や運動をしているお子さんなどの2次的障害を予防し、復帰を早めるポイントになってくるのでもし自分が応急処置をするシチュエーションがもしきたら実践してみてください。

RICEからPOLICEへのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ