NEW

アルコールとダイエット

【この記事のキーワード】

こんにちはトレーナーのTAKAです。


太る理由として

食べ過ぎてしまう方もいれば飲みすぎて太ってしまう方もいますよね?


そんな飲みすぎてしまう方に読んでもらいたい内容をお伝えしたいと思います。

アルコールは体に蓄積されないから太らないでしょ?とおっしゃる方がいます。


よくご存知で!と思いますが、、


実は太ります。


確かにアルコールは体内で蓄積されず、呼気や尿、汗から排出されるかエネルギーとして消費されます。


なのでアルコールはエンプティー(空)カロリーとも言われています。

アルコールが体脂肪に変わらないのは事実ですが摂取エネルギーが黒字であれば、アルコールで取ったカロリー分だけ体脂肪は増えます。

あとひとつと誤解されていることとしては

焼酎、ブランデー、ウイスキーなどの糖質を含まない蒸留酒は糖質をあまり含まないので


血糖値を上げないという意見や説がありますが、


実際にはどんなお酒でも血糖値をあげます。


アルコールには

肝臓に貯蔵している糖をブドウ糖に分解する作用があるからです


加えてアルコールには

食欲増進作用

があり欲求を抑えている理性が失われて食事量が増えてしまうのも気をつけるポイントはあります。


お酒と付き合うという意味では


○カロリー収支がプラスになったら体脂肪が増える。


○アルコールそのもので太ることはないが、アルコールにもカロリーはある。

○アルコールのカロリーは、体脂肪やグリコーゲン(炭水化物が身体に蓄えられたエネルギー源)よりも優先的にエネルギー源として使われる。

これらを知っておくだけでもお酒のコントロールを考えるキッカケになると思うので

アルコールとの付き合い方はちょっとの意識でだいぶ変わるので何も考えずガブガブ飲む飲み方は見直して適量と重要なポイントは覚えておくと良いでしょう。

アルコールとダイエットのページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ