NEW

ふくらはぎのコンディションについて

【この記事のキーワード】

こんにちはトレーナーのTAKAです。


みなさんは、ふくらはぎがつったり、張ったり、浮腫んだり、パンパンになったりと

感じたことはありませんか?

それらは、共通していることが多いので、今回はそのことを

お伝えしていきます。


浮腫や足のつり、疲労は何からきているかわかりますか?

理由として、血行不良、水分不足、筋肉の硬さ(収縮性)などが挙げられます。


浮腫=余分な水分と思っている方が多く、かといって

水分を控えることで、浮腫が解消されるわけではありません。

また、水分を摂りすぎたことで、浮腫むわけではありません。


人の体には、適切な水分の割合があり、それを維持する仕組みが備わっています。

ですから、水分が足りなければ、喉の渇きが発生し、水分を取りすぎると、

尿として排泄されます。


浮腫の本当の原因は水分ではなく、血液循環がうまくいっておらず、

これを解消しないと浮腫は取れません。


血液循環は筋肉の硬さがあると、血液が通りにくく、

循環ができにくいです。


それらを良くするためには、アイシングや温浴、ストレッチや、

足先からの運動、マッサージ、寝る際に足を高くして寝るなどで、

血行を良くできます。


特にふくらはぎの筋力をアップさせることが有効ですが、

即効性があるのは、体を温めることです。


体が冷えると、血液の循環が悪くなり、浮腫に繋がります。

改善としては、靴下をはく、足裏にカイロを貼ることが挙げられます。


塩分には、水をため込む性質があり、

カリウムも体内の水分の調整に関わっています。

また、尿の排泄も促進させる役割があります。


カリウム摂取に良い食品だと、ほうれん草や小松菜、アボガド、バナナを

積極的に食べるといいですね。

(腎臓が悪い人は不整脈を起こす可能性があるため、そこは注意が必要です。)


これから、寒い時期になっていきますので、

浮腫に悩んでいる方は、まずは温めることから始めてみてくださいね。

ふくらはぎのコンディションについてのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ