NEW

肥満になってくると食べる量が増える理由

【この記事のキーワード】

こんにちは、今回は栄養に関してのお話です。

肥満になると食べる量が増えてくると思いますが、なぜ増えてしまうのか理由をご説明します。

ダイエットをしているけど、どうしても食べてしまうという方は最後までご覧ください。

脂肪細胞内へ脂肪酸が入ると、ようは食べたエネルギーが余って脂肪細胞内の脂肪酸という形で入ってくると、本来であればレプチンというホルモンが分泌されます。

このレプチンというホルモンは満腹感を感じさせて、食欲をストップさせるホルモンです。

本来であればレプチンが出ているという事は脳は満腹感を得て、もうお腹いっぱいだからそろそろ食事をやめようね!というサインを送ってくれます。

なので脂肪細胞内へ脂肪酸が入ると、もうエネルギーが入りましたよというサインになっていますが、肥満してくると肥大した脂肪細胞はこのレプチンの働きが減ると言われています。

これはレプチン抵抗性というのですが、レプチンが効きにくいという状態になっています。

なのでなかなか満腹感が得られずに過食に繋がると言われています。

これにより肥満していくとどんどん増食していくのはレプチンの効きが悪くなっているという事が言えると思います。

ですので肥満してくると食事のコントロール(満腹感がないとどうしても食べたくなる)がしんどくなると思います。

そこで改善策としてですが、食事にかける時間が重要になります。

レプチンが多く分泌されるのは食後20分経過してからだとも言われています。

20分より早く食べるとレプチンが十分に分泌されず、満腹を感じるまで空腹が続く為、食べ過ぎに繋がります。

ダイエットにはゆっくりよく噛んで食べる方がよいと言われているのは、このレプチンの作用による為なのかなとも言えます。

食事でどうしても食べ過ぎてしまうという方は、この20分間というのを意識してゆっくりとよく噛んでみる事を行ってみてください。

今回は肥満になってくると、食べる量が増えてしまうと思いますが、なぜ増えてしまうのか理由をご説明しました。

ぜひ参考にして今後の食生活に取り入れてみてください。

 

文章よりも動画の方がわかりやすいと思いますので、ぜひご覧ください。

肥満になってくると食べる量が増える理由のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ