NEW

筋トレ、頑張りすぎてないですか?

【この記事のキーワード】

 ども。大分県で活動中のbodysupport Re:Life代表パーソナルトレーナー兼フィットネスインストラクターの馬場です。

 今日は、「筋トレ頑張ってるんだけどなかなか筋肉がつかない」「あれだけ動いているのに成果が出ない」という方へ、トレーニングはすれば良いってもんじゃないよ、
という事をお伝えしたいと思います。

・毎日筋トレしている方
・朝から晩までフィットネスクラブにいて、運動している方
・一回の筋トレで3時間も4時間もやられている方

は、特にお読みください。

目次
1、追い込めば良いってもんでもない
2、異化と同化
3、動き続けると補充が間に合わない

 

1、追い込めば良いってもんでもない

 結論から言いますが、運動した成果が最大限出るには3つのポイントがあります。

それは

・運動
・休養
・栄養

 この3つがちゃんとバランスよく出来てないと運動した成果が出ません。

 理論つけて解説しますね。

 

2、異化と同化

 異化(カタボリック)と同化(アナボリック)という言葉があります。

異化=分解
同化=合成

を表しています。

 筋肉にもこれが当てはまるんですが、筋トレや運動中は異化が進みます。なぜなら、身体を動かすにはエネルギーが必要だから。

 長時間の激しい運動や筋トレをする場合はエネルギーであるグリコーゲン(糖質)が使われなくなり、代わりに脂肪(ケトン)やタンパク質(アミノ酸)をエネルギー源として代替します。

 使われたエネルギーは返ってきません。

 なので新たにエネルギー源となる栄養素を入れないといけません。それが食事になります。

 ここで一つのポイントとしては、なるべくカタボリックな状態を作らないという事になります。

 ダイエット中もそうですが、空腹状態を作らない事がポイントになります。

 

3、動き続けると補充が間に合わない

 先の説明で、長時間の運動をするとカタボリックな状態になると説明しました。

 それが毎日続いたとするとどうでしょうか?

 運動も身体にはストレスとなります。

 精神的にはリフレッシュするかもしれませんが、身体はストレスを感じています。それが毎日続くと、落ち着く暇がなくなります。

 しっかり睡眠も取れなくなり、栄養をとったとしても腸の蠕動運動も止まり、消化・吸収が上手くできなくなり

 せっかく栄養をとっても身体には入ってこなくなります。

 なのでもう一つの大事なポイント。

 休養も必要なわけですね。

 フィットネスジムなんかで、スタジオレッスンが楽しいからと朝から晩までやられているご年配の方をよく見ます。

 若い方であればあるほど、激しく動きたくなるものなので、ご年配の方よりも疲労が大きいかと思います。

 それはそれで褒めるべき事ですが、身体のことを考えるとあまりお勧めはできません。

 この記事を読んでなんとなく自分に当てはまる方がいれば、ご自身の運動頻度や栄養バランスを考え直してみてください。

馬場 優人(Yuto Baba)
「bodysupport Re:Life」代表。パーソナルトレーナー兼フィットネスインストラクター。「過去とイマと未来をつなぐ」を理念として、身体だけでなく一人一人の人生をサポートしていきます。
LINE

note

筋トレ、頑張りすぎてないですか?のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ