NEW

休みの日にダラダラすると体重は増える

【この記事のキーワード】

,

こんにちはトレーナーのTAKAです。


今回はだらだら過ごすと太ってしまいやすいです。

それはなぜなのか。


2ヶ月や短期的ではなく、10年後や長期的に身体を見据えたときに必要なことなどを今回の記事でお伝えできたらと思っています。

まず最初にだらだら過ごすとなぜ太ってしまうのが数字を用いて説明していきたいと思います。


まだ代謝についてです。

基礎代謝(消費カロリーの約6割)

食事誘発性熱産性(DIT1割)

活動代謝(3割)

と人は1日エネルギーを消費しますが、

家でだらだら過ごしてしまうと最後の活動代謝がかなり少なくなってしまいます。


仮に女性を例にあげますが女性の基礎代謝は約1200kcalとされています。

(これは身長体重によって変動します。)

これが6割占めるとしたら

女性の活動代謝は3割とすると約600kcalのエネルギーを消費している可能性が高いです。


これで家のソファからベットから動かないとなってしまうと500kcal前後の差異がうまれ

これを30日間仮に続けたとすると

500×30→15000kcal

約脂肪2kg分になってしまいます。


これを避けるためには活動代謝にフォーカスしてあげることが大事だったりします。


この御時世柄コロナで出社が少ない

家からでる機会が極端に少ない

色々理由はあると思います


ですが、なにかしらで補っていく必要はありますよね。


生活スタイルを変えてみる提案をしたいなと思っています。

活動代謝には

いろいろあって自らトレーニングするやパーソナルをつけるウォーキングジョギング、水泳、水中ウォーキング

積極的にする活動と

家事や通勤などの生活での活動があり

苦手なことはストレスにつながりやすいので、できることを組み合わせて活動量を稼ぐことをオススメしています。


例えば休みが仮に1日あったとします。

もしそれでスケジュールを組むなら

朝食後に掃除をして昼食後に買い物。

もし外にでるなら遠回りをする歩いていける距離なら歩いていく。エレベーターより階段を利用する。

駅のひとつ前で降りて一駅分歩く。一つ遠いスーパーを利用するなど活動量稼ぐ方法はたくさんあります。

そして最後に夕食。


この組み合わせに運動を追加して欲しいです。それは自分がストレスにならないものを選んでもらえればさらに稼ぐことにができます。そうして稼いだエネルギーの消費量が脂肪を落としてくれます。


小さなことですが、その積み重ねはのちに大きな影響を与えるので出来ることを早速やってみてもらえたら嬉しく思います。

TAKA

TAKA コンディショニングトレーナーのTAKAです。 今を変えるために必要なダイエットや 将来の健康寿命を伸ばすために 今必要なことを全力でサポートさせて頂きます。 専門分野 ■ダイエット■運動・...

休みの日にダラダラすると体重は増えるのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ