NEW

カーボローディングの効果とやり方

【この記事のキーワード】

カーボローディングって聞いたことありますよね?
この記事を読めばカーボローディング効果とやり方がわかります。

カーボローディングとは

スポーツの試合前にエネルギー源となる糖質中心の食事にして、
体に糖質を蓄えておくことで、試合当日のパフォーマンスの維持・向上
に有効な方法です。グリコーゲンローディングとも言います。

効果

筋グリコーゲン・肝グリコーゲン量が標準の2倍以上になる。
長時間の運動が可能になるため、マラソンのような長時間の
スポーツに特に有効です。マラソンは1週間前から
おこなっていくが、他の競技は1~3日前からの
高糖質食でも十分である。

方法

古典型:試合3~7日前は低糖質食でグリコーゲンを枯渇
させた状態から試合当日まで高糖質食に変える方法です。
効果(筋グリコーゲン含有量)はあるが体の負担が大きい。

改良型:試合約3日前までは通常の食事で、そこから 試合当日まで高糖質食に変える方法です。 体の負担は少なく、効果も古典型と同等くらいです。

糖質摂取の目安

通常スポーツ選手体重1㎏あたり糖質7~10gが推奨される。

通常食:糖質55~60% 脂質25~30% タンパク質15%
低糖質食:糖質40%
高糖質食:糖質70% 脂質15%以下 タンパク質15% 

アスリートに必要な総エネルギー量(JISS式)

28.5×除脂肪率(㎏)×身体活動レベル(PAL)=総エネルギー量(kcal)

 

僕のインスタとHPです。
気になることがあればDMで全てお答えします!!

Instagram

HP

 

カーボローディングの効果とやり方のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ