NEW

テーピングをするときの注意点3つ

【この記事のキーワード】

ジムやスポーツ観戦をしている時にテーピングをしている人を見たことがありませんか?テーピングを使うことによってパフォーマンスをうまくコントロールすることができます。
この記事を読んで明日からパフォーマンスを上げましょう!!

テーピングの目的

1、筋肉のサポート

2、関節のサポート

3、関節の固定

1と2はパフォーマンスの向上を主な目的としています。3は関節を強く固定するもので怪我の直後に使います。

テーピングをするときの注意点

①体毛の処理

貼る部位の体毛が濃いと密着が阻害され、固定力が低下します。
また、剥がす際に毛が抜けて痛いです。

②使用時間

スポーツをする際に貼る人は3〜4時間がm、目安になります。
理由は皮膚へのダメージもあるため、かぶれる可能性がある為です。

運動以外の目的で貼る人は1〜3日程度が目安になります。

③貼る強さ

テープの貼る強さが強すぎると先ほども言ったように皮膚に音ダメージが強くなります。
あとは手首に巻く人が多いですが巻く強さを強くしすぎると血管などが圧迫されすぎる場合があるので注意しましょう。

目安は巻いた後に親指の爪を押して、白くなった爪がすぐに元の色に戻れば大丈夫です。

まとめ

テーピングをうまく使えばパフォーマンスを最大化させることができます。

ぜひ参考にしてみてください!!

僕のインスタとHPです。
気になることがあればDMで全てお答えします!!


Instagram


HP

 

筋トレ治療家 岩松究仁浩

筋トレ治療家 岩松究仁浩(いわまつ くにひろ) こんにちは筋トレ治療家の岩松です。 普段は医療従事者として都内で働きながらトレーナーとして活動しています。 僕の専門分野はこんな感じです! *腰痛 *...

テーピングをするときの注意点3つのページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ