NEW

【原点回帰】トレーニングの原則を振り返ってみましょう!

【この記事のキーワード】

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

今回は、古くから提唱されている「トレーニングの原則」についてお伝えしていきます!このトレーニングの原則は、トレーニング効果を高めるために非常に重要です!

全てで5つの原則について触れていきます。

いまのご自身のトレーニング内容や目的を振り返る機会にしていただけたらと思います!!

 

①特異性の原則(SAIDの原則)

 

身体は与えられた特異的な要求に対して、適応を起こすことです。

つまり、狙ったことをすれば、それに特化した効果を身体は得るということです。

そのため、トレーニングでは主に3つに分けることができます。

・力学的(重量を要求する)

→最大筋力を上げたいなら、高重量の負荷設定で行う

→筋持久力を上げたいなら、軽重量で高回数で行う

・神経筋

→身体の安定性を高めるためには、不安定な環境やバランスボールを使用すること

・代謝性

→持久力を高めたいなら、セット間の休憩時間を短縮する

 

大きく目的を分けると上記のようになります。

その他として、

筋肉を伸ばせば、筋肉の柔軟性が高まるなど

スピードを速くした動作をすることで、スピード能力が高まるなどもありますね。

 

このように、身体は課せられた要求に対して、適応を起こすことが理解できたかと思います。

つまり、トレーナーであればクライアントのトレーニング目的を聞き出すことが大事なのはこのような特異性の原則のためです。

 

まとめ

 

今回は、トレーニングの原則における「特異性の原則」についてお伝えしました!

次回もトレーニングの原則の続きを触れていきます!

Tomoya

Tomoya 日本体育大学在学中よりトレーナーとして活動しており、トレーナー歴10年になります。 専門分野は、カラダの動きや姿勢改善などにより身体の不調を改善することです。 このようなことでお悩み...

【原点回帰】トレーニングの原則を振り返ってみましょう!のページです。筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレ・フィットネス総合情報サイト・筋トレしようぜ!」へ