NEW

トレーニングで片脚種目やっていますか?

【この記事のキーワード】

こんにちは!パーソナルトレーナーのtomoyaです!

今回は、トレーニングプログラム作成の際に、片脚種目を入れていますか?という内容になります。

ボディメイクやカラダの機能を改善すること、また日常生活のパフォーマンスアップを上げる観点から見ても、片脚種目は導入した方が良いです!

特に今回の記事では、日常生活のパフォーマンスアップする為にお伝えしていきます。

 

日常生活で片脚になるタイミングある?

 

日常生活を過ごしていると、片脚動作になっているタイミングは多いです。

例えば、歩く、走る、階段昇降が思い浮かぶと思います。

特に、歩いているときは片脚動作の連続です。

 

なぜ、片脚種目をプログラムに入れると良いのか

 

上記でお伝えした通り、

日常生活の大半を占める歩くという動作では、片脚動作が多いです。

つまり、片脚になったときに正しい姿勢であるべきです。

逆を言うと、正しくない姿勢になると、膝や股関節など地面からの床反力を上手く吸収することができずに、痛みや不調につながるケースが多いです。

そのため、トレーニングでは、両足種目に限らず、片脚でカラダのバランスをとる、カラダの機能をよくしていく必要があります。

 

おすすめの片脚種目は?

 

私がおすすめする片脚種目は2つあります。

1つ目は、スプリットスクワットです。

スクワット姿勢から、片方の足を身体の後ろにおき、スプリットポジションをとる姿勢です。

2つ目は、シングルレッグルーマニアンデッドリフトです。

この種目は片脚立ちになり、ルーマニアンデッドリフトをします。バランス機能も養うことができるので行ってみてください!!

 

トレーニングで片脚種目やっていますか?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ