NEW

初心者の筋肉量が増すバイオメカニクス

【この記事のキーワード】

あなたが筋トレ初心者だった時あるいは現在筋トレ初心者の人はなぜ
筋肉量が増しやすいのか考えたことはありますか?
この原理・原則を理解することで、あなたのトレーニングやクライアントのトレーニングは飛躍的に増します。
ぜひ最後まで読んでみてください。

サイズの原理

重量や筋肉量が増す原理として前回お話した発火頻度の調整というものがあります。

これに加えもう一つの作用が人間の体では起こります。それが

サイズの原理

になります。

これはトレーニング初心者の人はトレーニングに慣れていないのでトレーニング経験を積んだ人に比べて筋肉の運動単位の動員数が少ないということです。

筋肉の運動単位の動員数が少ないとは、本来トレーニング経験を積んだ方は自分の筋肉を100%の力で発揮できるとします。

トレーニング初心者の場合は自分が本来持っている筋肉があるにもかかわらず、経験を積んでいないため100%筋肉を動員できないことを指します。

まとめ

トレーニング初心者は筋肉の運動単位動員数が少ないため、トレーニング経験を積むことで運動単位の動員数が上昇しウェイトの重量が増していきます。

これをサイズの原理

と言います。

体の構造や機能を理解し解剖学・生理学・運動学の原理、原則を知れば必ず起きている事象には説明がつきます。

ただなんとなくトレーニングを行っているのはあまりにも、もったいなさすぎます。

身体の原理・原則を知ればトレーニング効率も上がりより良い筋肉がつくことでしょう!!

僕のインスタとHPです。

気になることがあればDMで全てお答えします!!

Instagram


HP

初心者の筋肉量が増すバイオメカニクスのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ