NEW

肉中心の食事から魚中心に変えると痩せる!?

【この記事のキーワード】

,

 こんちにちは!パーソナルトレーナーの美智子と申します。

 今日はお肉よりお魚が断然痩せやすい、というお話しです。

 お肉中心の食生活の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

お肉の脂と魚の油の違い

 お肉の脂は飽和脂肪酸という、常温で個体になる性質があります。

 イメージは、お肉をフライパンで焼いてそのまま放置してたら白くなりますが、あれがお肉の脂です。

 ここからがポイントです!

 牛の体温は約40度といわれていて、人間の体温36度と比べるとめちゃくちゃ高い!牛の脂の融点は40度からじゃないと溶けてくれません。

 そうなると、体内で溶けきらずに固体になってしまいます。

 太る太らないの問題もありますが、それにプラス飽和脂肪酸の食べすぎは、血管を傷つけ、血液ドロドロの血流が悪くなるリスクがあるんです。

 反対にお魚の油は不飽和脂肪酸という常温で、液体という性質があります。

 お魚の油はオメガ3と言われる種類の油です。オメガ3以外にオメガ6もありますが、今日はお魚についてなので省きますね。

 オメガ3は主に

EPA・DHA→魚類、魚介類
αリノレン酸→えごま油、あまに油、しそ油

があります。

 先程の牛の融点は40度だったのに対して、お魚の融点は、約‐70〜−50度。つまり、サラサラな油が体を巡るんです。

「お肉の脂」と「お魚の油」は、こんな風に違いがあるので、痩せやすさにも違いがあります。

 ただここで勘違いしないでほしいのですが、身体に良く痩せやすいお魚も食べ過ぎれば、単純にカロリーオーバーで体脂肪になるので、気をつけてくださいね。

 今もしも、お肉中心の食生活でなかなか痩せないのであれば、お魚に切り替えてみると良いかもしれません。

 ぜひ参考にしてみてくださいね!

★HP★
https://peraichi.com/landing_pages/view/michiron

★インスタグラム★
https://instagram.com/michhi1024

★LINE@★
https://line.me/R/ti/p/%40023kbkhx

肉中心の食事から魚中心に変えると痩せる!?のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ