NEW

筋トレ初心者のバイオメカニクス

【この記事のキーワード】

あなたが筋トレ初心者だったとき筋トレをしていて扱う重量がバンバンが上がった経験はありませんか?逆に今初心者のあなたはチャンスです!
この記事を読めば初心者の人や筋トレの重量に伸び悩んでいる人はどうすれば重量を伸ばせるのかがわかります!!

発火頻度の調節

人間は色々な機能が複合して成り立っていますが今回は発火頻度の調節という神経について解説していきたいと思います。

発火頻度というのは簡単にいうと神経の活動電位のことを指しています。

トレーニング初心者の人は神経の電気信号が弱い状態です。

しかし、トレーニングを重ねることで電気信号が発達しきます。

このタイミングでウェイトの重量が上がったりします。
これはベンチプレスをしたときにトレーニング初心者の時の神経の発火頻度と
トレーニング経験を経た後の神経の発火頻度が違うからです。

トレーニング経験を経た後のベンチプレスは神経の発火頻度が増しているから
重いウェイトでも上がるようになります。

つまり1秒間あたりの神経活動電位の回数が増すということです

ちなみに疲れてくるとこの発火頻度は落ちていきます。

最後に

体の構造や機能を理解し解剖学・生理学・運動学の原理、原則を知れば必ず起きている事象には説明がつきます。

ただなんとなくトレーニングを行っているのはあまりにも、もったいなさすぎます。

身体の原理・原則を知ればトレーニング効率も上がりより良い筋肉がつくことでしょう!!

僕のインスタとHPです。

気になることがあればDMで全てお答えします!!


Instagram


HP

 


このような解剖学や生理学、運動学といった配信をしています。

フォローしておいて損することはないように頑張ります。。

HPにはより詳しい内容でお話しているのでぜひ覗いてみてください。

 

筋トレ初心者のバイオメカニクスのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ