NEW

【上腕二頭筋】アームカールのコツ

【この記事のキーワード】

, ,

  ども。大分県で活動中のbodysupport Re:Life代表パーソナルトレーナー兼フィットネスインストラクターの馬場です。

 今日は上腕二頭筋の代表的なトレーニング「アームカール」のポイントを解説します。

目次
1、上腕二頭筋
2、アームカールのコツ
3、まとめ

 

1、上腕二頭筋

 こちらが上腕二頭筋になります。外側についている『長頭』と内側についている『短頭』の2つに分かれます。

 それぞれ、肩関節と肘関節を跨またいでついています。

 そして、解剖学上の機能ですが

肘関節の屈曲・回外
肩関節の屈曲

になります。

 どういうことかというと、これらの動きをすることで上腕二頭筋の収縮、つまり力が入ることになります。

 ここでアームカールの動きをおさらいしましょう。

 肘の屈曲が大きくあります。

 なので、アームカールは上腕二頭筋に力が入るわけですね。

 

2、アームカールのコツ

 上腕二頭筋の肘の屈曲以外の動きとして、回外、肩関節の屈曲がありました。

 このうち肩関節の屈曲に関しては、肩の筋肉(三角筋)も共同収縮を起こすため、上腕二頭筋のみを狙おうと思うと難しくなってきます。

 ということで、もう一つの肘の回外を使うことで、上腕二頭筋がさらに収縮を起こしてくれます。

 どういうことかというと、肘を曲げるときに、外側にねじり込むように曲げます

 少し小指側を自分の方に向けながら行います。

 主に短頭に収縮が起きますが、かなり効果が出ますよ。

 ただし、ひねる動作は軽くで大丈夫です。

 ひねりすぎると、肘を痛めてしまうかのせいもあるので、ほんの少しの肘れで十分です。

 試しに肘を曲げた状態から前腕をひねってみてください。

 力こぶが更にギュッとなるのが見えると思います。

 ちなみに、バーベルで行う際は捻れないので、意識としては小指側を強く握り込むようにしてアームカールを行いましょう。

 そうすると、上腕二頭筋の短縮がより起きると思います。

 

3、まとめ

 いかがでしたか?

 機能解剖をある程度、理解すると、トレーニング時にもかなり役立ちます。

 書店などに、イラスト付きでわかりやすく書いた本もあったりするので、興味がある方は一度、目を通してみてください。

馬場 優人(Yuto Baba)
「bodysupport Re:Life」代表。パーソナルトレーナー兼フィットネスインストラクター。「過去とイマと未来をつなぐ」を理念として、身体だけでなく一人一人の人生をサポートしていきます。
LINE

note

 

【上腕二頭筋】アームカールのコツのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ