NEW

「やってはいけない筋トレ」していませんか?

【この記事のキーワード】

 オンラインダイエットコーチ、メンタルフィットネスコーチの新井浩太です。

 ネットや YouTube で、様々な筋トレ種目が紹介されていますね。

「学ぶことは真似ること」だといいますが、だからといって、それを見様見真似でやっても効果があるとは限りません。

 むしろ、やってはいけないトレーニングもあります。

 筋トレ系YouTuber さんの多くは、トレーニングの習熟度が高いです。

 トレーニングの経験が豊富な人と、トレーニングの経験がまだ豊富ではない人では、できること、やるべきことなどは変わってきます。

 筋トレはスポーツと同じで、技術が必要です。ダンベルやバーベル、マシンなどを動かせばいい、というものではありません。

 体の柔軟性や関節の可動域、筋力、心理的限界に合わせて、動きの起動を決めて、筋肉に負荷を与えることが必要です。

 してはいけないトレーニングとは、自分のレベルに合っていないトレーニングです。

 トレーニングの基本のビッグ5、筋トレ本に書いてあるようなベーシックな種目などをきちんとマスターしていないのに、習熟度が高い人の真似をするのは間違っています。

 思ったような効果が得られないばかりか、怪我をしてしまうかもしれません。

 また「見せるトレーニング」と、「実際のトレーニング」も違います。

 実際のトレーニングは、 周囲への配慮を忘れず、安全を第一に考えながら、効果を追求するものだと思います。

 YouTubeのトレーニングは、エンタテイメントとして見せるトレーニングという場合もあります。

 多くの人は筋トレの効果ばかりを考えてしまい、「したほうがいい」「するべき」という考えになりやすいです。

 その思考は大事ですが、それとは逆の「しない方がいい」「してはいけない」という考えも持ち合わせるといいと思います。

 筋トレはスポーツで、趣味ですから、必ずしも人から教わったり学んだりする必要はないかもしれません。

 しかし、しっかりと効果を得たいと思うならば、人から学ぶべきです。

 トレーニングの原理原則や科学を学び、経験値が高いトレーニング実施者は、人のトレーニングの習熟レベルが分かるはずです 。

 自分の思っているような効果を得られて、筋トレが今よりももっと楽しくなって、毎日が豊かになっていくといいですね。

新井浩太(KOTA ARAI)
カラダを変えて人生を変える@オンラインダイエットPROコーチ/パーソナルトレーナー歴15年/指導実績延べ40,000人以上/ボディビル神奈川70kg級優勝/全日本選手権出場/調理師免許/体鍛えても胃腸弱い
note/Twitter

「やってはいけない筋トレ」していませんか?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ