NEW

ダイエットのために筋トレを始めたら、体重が増えてしまった!?

【この記事のキーワード】

,

 どうも、パーソナルトレーナーの一徳です!

「ダイエットのために筋トレを始めたら、体重が増えてしまった」という経験はございませんか?

 筋トレによって体重が増える原因は2つあります。

⓵筋トレ後に筋肉の修復が行われることによる一時的な体重増加

 これは一時的なものであるため、実際に筋肉をつけたことによって太ったというわけではありません。

 筋トレをすると筋繊維が傷つき、身体はその筋繊維を修復します。この修復が起きる経過で筋繊維は水分を蓄えやすくなるのです。

 筋トレを行うと筋細胞内にグリコーゲンを蓄えるのですが、このグリコーゲンが1g蓄えられると水分をその3倍の3g蓄えるのです。

 この結果、一時的に水分が吸収されやすくなることで体重が一時的に増加するのです。

「筋トレをして太った!」と勘違いする原因はこれかもしれません。

 

②体脂肪が落ちないままアウターマッスルが鍛えられ、見た目が大きくなる

 脂肪が減らず筋トレをして筋肉だけが増えて体重が増加するのは、食事量がオーバーしているからです。

 筋トレはそもそも脂肪燃焼をさせるために行っているのではなく、代謝の良い体を作っているにすぎません。

 脂肪は日常の中で燃えていくものなので、食事量のコントロールをすることが大切です。

 それと、たまに「筋トレをすると体脂肪が筋肉に変わる」と勘違いしている方がいますが、これは誤りです。

 筋肉と体脂肪は全くの別物であり、体脂肪が鍛えられることによって筋肉になることはありません。

 つまり、体脂肪を落とさずにアウターマッスルばかりを鍛えていると、いわゆる筋肉太りになってしまう可能性があるのです。

 しかし、ダイエットのために「筋トレをするな」と言っているわけではありません。

 筋トレをすると身体の基礎代謝が上がり、少しずつ太りにくい体質になります(体脂肪をそれだけで落とせるまでは基礎代謝は上がりませんが)。

 正しい知識を持って、筋トレをダイエットに活用してください。

 知識を持たずにコツコツと筋トレを続けている人ほど、筋肉太りになりやすいと言えるかもしれません。

鈴木一徳(ITTOKU SUZUKI)
パーソナルトレーナー。現代では運動不足が原因で病気なったり、メンタルの問題が起きています。 ぜひ、僕と一緒に筋トレ習慣を始めて、ボディメイクはもちろん、悩みも払拭していきましょう!

note
Twitter

ダイエットのために筋トレを始めたら、体重が増えてしまった!?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ