NEW

ラガーマンならこれをやれ!「ダンベルドラッグカール」

【この記事のキーワード】

, , ,

 腕の力こぶの部位の上腕二頭筋を鍛える種目といえばアームカール。そのアームカールと似てはいますが、少し狙いが違う「ドラッグカール」をご紹介します。

 タイトルに「ラガーマンならこれをやれ!」と書きましたが、もちろん他の方にもおすすめです。

目次
・通常のアームカールとの違い
・行う時のポイント
・なぜ、ラガーマンにおすすめなのか

通常のアームカールとの違い

 通常のアームカールは、上腕(肩から肘までの部分)が揺れないように体側に沿うように置き、肘から先(前腕)を弧を描くように動かして上腕二頭筋に効かせますが、欠点としては一番力こぶを収縮する最後のところで重さの負荷が抜けるので、いまいち効かせ切れない点があります。

 対するドラッグカールは、ほぼ垂直に上げていくのですが、それに伴い上腕・肘が後方に動きます。

 肩関節の伸展という動作が加わるので、三角筋の後部への筋トレにもなるのですが、負荷は分散してしまいます。

 その代わりに、最後力こぶを収縮したいところでしっかりダンベルの負荷が掛かった状態を作れるので、アームカールの欠点を補うことが出来ます。

 

行う時のポイント

・ほぼ真上に持ち上げる
・上腕・肘は後方に動いて良い
・一番上に持ち上げた時に手のひらが天井を向くようにする(回外させる)
・肩はすくめないで行う

 回外とは手首を外に捻る動きです。手を下ろしている時は手のひらが少し内を向いていても構いませんが持ち上げていきながら最終的に手のひらが天井を向いているようにします。

 

なぜラガーマンにおすすめなのか

 ラグビーでは、タックルの場面で相手の脚にパックをし、さらにグッと自分のほうに引きつけて倒すわけですが、この時に使われる腕の動作がドラッグカールと共通する部分がかなりあります。

 筋トレとスポーツの実戦の場面では、力の使い方が異なります。

 上腕二頭筋を鍛えるだけであれば狙いが分散しない通常のアームカールが大基本となるかと思いますが、ラグビーの場面においては相手の脚を刈るときには相手に負けないように使える関節、筋肉を総動員して倒したいわけです。

 その時にはドラッグカールのように肩関節も動きますし更に肩をすくめる僧帽筋上部の筋肉も関与します。

 なので、実戦に繋げる筋トレとして捉えれば肩をすくめるダンベルカールもありと言え 

 動画でもご案内しているので、是非チェックしてみてください。

 肩をすくめないダンベルカールのあと、あえて肩をすくめるダンベルカールの動作も行っています。

▼ご案内▼
パーソナルトレーニング指導承ります。
池袋の個室ジムFitNestやFASTGYM24各店舗等(いずれも会員外でもOK)で活動しております。
インスタグラムもやっております。
https://www.instagram.com/noriyukitainaka

ラガーマンならこれをやれ!「ダンベルドラッグカール」のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ