NEW

意外に知らない?筋肉が減ってしまう悪い習慣!

【この記事のキーワード】

こんにちは、荒川です。

今回は、筋肉が減ってしまう悪い習慣についてご紹介したいと思います。

誰もが筋肉を増やしたい、そして脂肪を減らしたい、そして最終的には最高のボディを作りたいという願いを込めて生活していると思います。

そんな方たちは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

では早速まいりましょう。


「お酒」

→アルコールは筋肉を作りません。筋肉を分解する可能性の方が圧倒的に高いです。適量であればよいかもしれませんが、盛り上がってくるほどの酒量では、おそらく筋肉はすでに分解され始めていることでしょう。

特にトレーニングのあとや、筋肉痛が残っているときなどは最悪です。栄養摂取の妨げになってしまいますので、筋肉を無駄なく回復させたい方などは控えるようにすることをお勧めします。

「食べたくないから食べない」

→あなたが食べたくないと思っていても、筋肉は必要としています。筋肉を使ってエネルギーを消費したのであれば、その分のエネルギーは補給することが理想的です。

もちろん、減量などであればある程度の制限は必要ではありますが、必要最低限の摂取をしなければ身体がボロボロになっていくことは容易に想像できます。

望まない結果を出さないためにも、気分ではなく状況に合わせた行動をできるようにしていくことが、理想の結果への近道となりますね。

「筋トレ直後のたばこ」

→筋トレ後は体の中に酸素や栄養素をたくさん送り込み、回復させ、新しく強い筋肉を育てていくための非常に大切な時間となります。

ここでタバコを吸ってしまいますと、一番もったいなく、せっかくのトレーニングも台無しになり兼ねないので、なるべくトレーニングと喫煙のタイミングは話してあげるのがベストかと思います。

次回、あと四つの悪習慣をご紹介させていただきますので、そちらもあわせてお読みいただければ、きっと筋肉を効率よく成長させることができるようになりますよ^^

意外に知らない?筋肉が減ってしまう悪い習慣!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ