NEW

本当に効率のいい腹筋の仕方

【この記事のキーワード】

, ,

こんにちは、荒川です。

みなさん、腹筋はどこまであがっていますでしょうか?

本当に効率のより、腹筋のみを鍛えるにはどうすればよいか、そんな話を今回はしていきたいと思っております。

まず腹筋の代表的な種目として、シットアップという種目があります。

これは、いわゆる上体起こしと一緒です。

このシットアップでは、上まであがりきらないのがポイントとなります。

股関節の付け根が痛くなったらそれは腹筋ではない力が働いているので、肩甲骨を起こすくらいで十分なのです。

解剖学的に解説すると以下のようになります。

 

腹筋という筋肉は、みぞおち部分にある剣状突起という骨と、恥骨に付着しています。

イメージは、本当に板チョコみたくぺらっと一枚付着しているような状態です。

トレーニングというのは、筋肉の収縮と弛緩、つまり伸び縮みが大事です。

よって、腹筋運動をするときは、身体を丸めることが大事となり、剣状突起と恥骨の距離を縮めることがより効率のより腹筋となってくるのです。

これが理解できれば、シットアップで起き上がる具合は、肩甲骨が浮くレベルでよいと考えることができますね。

是非、股関節の付け根を痛めずに、身体を丸める事、筋肉の伸び縮みを意識することを頭に入れたうえで、実践してみてくださいね。

本当に効率のいい腹筋の仕方のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ