NEW

体重が変動する理由

【この記事のキーワード】

こんにちはトレーナーのTAKAです。


しっかりカロリーもコントロールしているのに体重が増えたとか、食べたはずなのに思ったより増えてないとか体重の増減って不思議だなと感じている方に

体重の増減について今回記事を書いていきます。


まず一つ目は水分ですね。

500mlのペットボトル飲めば0.5kg増えますし、排出していればその分体重が減ったりします。

ペットボトル2kg飲んで2kg増えたから脂肪が増えるようなことは絶対ありません。

皆さんが落としたいのは体重というより脂肪を落としたい方が多いはずです。


なので体重に固執しすぎてしまわないようにしてほしいなっということは先にお伝えしておきます。

それと大前提ですが、体重は毎日チェックしていたとして毎日の変動で追っていくよりなるべ計測はしっかりしつつもそれを週間や月間などでみていくと体重が減っているかどうかの傾向もわかってきます。


話が少し脱線しましたが、体重増減の理由の二つ目はむくみです。

これが1番大きいかもしれません。

むくみは特に女性の影響が多く、

ホルモンや筋量の影響に作用されます。


三つ目は一つ目にあげたものと近いのですが、糖質の摂取の増減も影響してきます。

糖質1gで水分3gが貯蔵されるとも言われているので、糖質制限で糖を抑えたりすることで体重が落ちる初速が早いのはこういった理由ですね。

なので糖質は水分も蓄えるので、その分の体重増は気にしなくて大丈夫です。


四つ目は便通です。

やっぱり食べて出してが繰り返し出来ていればいいのですが、出来てない場合は体重が減らないなどは可能性として高いですが、脂肪が増えたわけではないのでそこまで焦る必要はありません。

便通が機能していればそれだけ体重は落ちやすくなりますが、先程お伝えした通り大事なのは脂肪を落とせているかなので体重の傾向を見てあげれるといいですね。


これらの対策として

特に大事なのはむくみのケアになるので

筋肉トレ、ストレッチ、マッサージを入れつつ食事では塩分注意していくのが大切ですね。

便通に関しては食物繊維を摂取すること発酵食品をメニューに入れることも必要かなと考えています。

是非お役立てください。

体重が変動する理由のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ