NEW

追い込むトレーニングの長所と短所

みなさんこんにちは。


パーソナルトレーナーの宋です。


トレーニングで限界近くまで追い込める事は、トレーニー達に取って喜びとも言えるでしょう。


そして追い込む事じたいを必須と主張し当たり前と言う人もいます。


ですが実際にガンガン追い込む事が、良いのか悪いのか、それが問題です。

・先ず筋トレで追い込んだ場合の長所は?


最初に出来なくなり、限界を感じるのは上げる動作ではないでしょうか。


上げる動作も、


『ここだ!どうしてもここからが上がらない!』


と越えられないポイントがあります。


しかしこの上げられないポイントを、補助者をサポートしてもらう、又はチーティングで上げていき、ウエイトを持ち上げてネガティブな動作で下ろしていく。


この動作を繰り返し行っていくと、本当の意味での限界に達します。


この方法によって限界まで追い込むと、成長ホルモンやテストステロンの分泌を著しく刺激します。


これで筋肥大の環境が整います。

・そして筋トレで追い込んだ場所の短所は?


ですが実際に毎度毎度、常に限界まで追い込む方法を続けていく事は、身体的に辛くなってきます。


無理に続ければオーバーワークになる可能性もあります。


例えば、次の日のルーティンでのトレーニングまでに疲労が残ってしまう。


そのため、使用重量が極端に減ってしまったりします。


最後に限界を超えるトレーニングを行うには、パートナーに補助してもらいながらの方が遥かに安全で追い込めます。


もちろん、限界を超えてのトレーニングは回復する時間も、栄養補給も充分に行っていきましょう。


コルチゾル増大を招いて、筋力低下にならない様、気を配るのも心がけていきましょう。


https://songtaeil-814.sakura.ne.jp/wp/


パーソナルトレーニングのお問い合わせはDMにてお待ちしております。


↓↓↓↓↓こちらからお問い合わせしております。


songteail@gmail.com


お気軽にお問い合わせください。

追い込むトレーニングの長所と短所のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ