NEW

おかずの糖質にも注意が必要です

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

自分の食事をどう変えていけばよいのかわかったら、低糖質ダイエットを始めましょう。一番大切なことは、糖質の魂といえる主食ご飯やパンやめん類をとらずにおかずを食べることです。

そして、1日あたりの糖質を50g以下に抑えることが目標です。糖質の摂取量を制限するのは、たんぱく質源となる肉、魚、大豆製品、あるいは野菜などにも糖質が含まれているためです。根菜類やイモ類には糖質が多く含まれているので、とり方を工夫する必要があります。

しっかりとりたいのはたんぱく質です。1日の目安量は体重によって異なります。例えば、体重60kgの人の場合、1日にとりたいたんぱく質の目安量は90g。

また、菜野菜、海藻、キノコ類は、糖質がほとんどない上に食物繊維が多いので満腹感をもたらします。主食代わりにたっぷりとりましょう!!

 

糖質とたんぱく質の摂取量の目安

(たんぱく質源となるおかずにも糖質が含まれていることを忘れずに!)

 

*1日あたりの糖質量は50g以下に

主食以外の食材で気をつけたい糖質の多い食材は

イモ類、根菜類、はるさめ、餃子の皮など。

 

[1食分に含まれる糖質量]

・麻婆豆腐・・・・・・・・・9.6g

・レバニラ炒め・・・・・・・6.6g

・バンバンジー・・・・・・・3.8g

・卵とニラの炒めもの・・・・0.7g

・茶碗蒸し・・・・・・・・・2.4g

・ゴーヤチャンプルー・・・・3.0g

・ミートオムレツ・・・・・・8.5g

・肉じゃが・・・・・・・・・30.0g

 

[主食に含まれて糖質量]

・ご飯1膳・・・・・・・・・55.2g

・うどん(ゆで1玉)・・・・52.0g

・そば(生100g)・・・・・51.8g

・食パン(6枚切り1枚)・・26.6g

 

 

おかずの糖質にも注意が必要ですのページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ