NEW

体の中心を使うためのコツと骨

【この記事のキーワード】

,

 前回の「鎖骨の力」では、鎖骨自体の形状のユニークさの“何故?” をお伝えしましたが、今回もそれに繋がるお話をしようと思います。

 さて、人間は中心にとても重要な骨があります。

 背骨、脊椎です。

 私たち人間を含め哺乳類は基本、脊椎から派生する形で、枝葉のように他の骨を構成して行きます。

 脊椎はその中にある脊髄を守るという役目もありますが、哺乳類が哺乳類たる動きをするために、一本の棒のようなものではなく、細かく24個+仙骨にも脊椎は分かれて形成しています。

 これは柔軟に動き、力の伝達を機能よく伝える役目があるからです。

 それは体の中心にあるからその役目をになっています。

 逆に言えば、その役目を果たすために中心にいるとも言えます。

 前置きが長くなりましたが、実は、特に上半身のスポーツ・パフォーマンスにおいて重要な骨がもう一つあります。

 もちろん、全ての骨が重要なのですが、背中側の中心に位置するものが脊椎とするならば、お腹側(正面側)は何でしょうか?

 それは「胸骨」です。

 

胸骨

 胸骨は肺を守るための前側の壁として知られていますが、身体操作や動きの面からは非常に重要な役割があります。

 体の中心にある胸骨は、上半身の動きを効率よく行うために動かないといけない骨なのです。

 もちろん脊椎のように細かく分かれていませんが、甲骨柄、胸骨体、剣状突起と3つに分かれています。

 この骨の動きが、頚椎と連動し、シナジーとして働き、力を受け取ったり、伝達したりとします。

 つまり、脊椎だけ動いて胸骨の動きが悪いと”非効率”になってしまいます。

 背中側の脊椎と前側の胸骨は、肋骨で繋がれています。

 だから、どちらかではなく、両方動いてこそ、その力が鎖骨と肩甲骨を通って腕や指に繋がっていきます。

 

胸骨を動かすには?

 脊椎は、脊椎間で多くの関節があり、その関節が動き、脊椎の運動をしているわけですが、胸骨は多くの関節はなく、胸骨柄と胸骨体で成す関節様部、胸骨体と剣状突起のか関節様部は動かし辛いものです。

 そのため、胸骨を動かすには胸骨と鎖骨で成す関節である「胸鎖関節」を動かすことで胸骨が動く機能を取り戻していきます。

 つまり、鎖骨との動きの関係性があります。

 その動きを取り戻すことにより、力を伝達する鎖骨も機能していき、肩甲骨を介して腕や指への連動性が作られます。

 前回の鎖骨もそうですが、肩甲骨単体が動くようになっても、動作や運動パフォオーマンスには繋がらないのです。

 では、この記事が皆さんにとって何かプラスになることを願って…。

◆◆◆◆◆◆
アスリート専門“ふなとれ”パフォーマンストレーナー舟橋立二

鎖骨のこと、胸鎖関節のことをより詳しく学びそのモビリティトレーニングを学びたい方は
↓↓

オンデマンド(ダウンロード型)セミナー「パフォーマンス肩甲帯論」

セミナー購入希望者は
https://www.adptrainers.com/event-details/kenkoutai

から!
◆◆◆◆◆◆

 

 

 

体の中心を使うためのコツと骨のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ