NEW

【疲労回復】を促すゆったりストレッチ

【この記事のキーワード】

, , ,

前回の記事【ウォーキングのプロに聴く】美しくしなやかなお腹をつくるコツでご紹介しました「日本人の姿勢を美しくする簡単なストレッチ」実践いただけましたでしょうか?
未読の方、まだお試しでない方は、ぜひ前回の記事をご覧のうえストレッチを行ってみて下さい。

 


≪疲労回復を促す「ゆったりストレッチ」≫

なんだか最近、疲れやすいなぁ・・・。と感じた時に「運動」をすすめられたら、どう感じますか?

「そうだな!疲れているから運動しよう!」という人は少数派で、多くの人は「疲れているのに運動したら、ますます疲れそうだから今はやたくないなぁ」と感じるのではないでしょうか?

もちろん、やりたくないときに無理に行わないほうが良いケースもありますが、疲労感の原因が病気などではなく運動不足からきているケースも少なくありません。そのようなときは、積極的に身体を動かしたほうが、疲労回復が早くなることもあります。

 


≪積極的疲労回復のポイント≫

積極的に疲労回復を促すポイントは、ストレッチやウォーキングで積極的に身体を動かしたり、お風呂に入ったりして血流を良くすることです。

身体が疲れやすいとき、だるいとき、重いとき・・・身体の循環が滞りがちになっているなと感じたら、血流の改善を促すようにゆったりストレッチを試してみましょう。

 

≪前屈ストレッチ≫

 

まずは、縮みがちな下半身の後ろ側を伸ばしましょう


1:脚を伸ばした長座の姿勢で床に座ります
2:ゆっくりと上体を前に倒します
3:そのまま自然呼吸で30秒維持します

OKポイント

・無理に上半身を前に倒そうとして骨盤が後ろに倒れていると、脚の後ろ側が伸びません。前に身体を倒せなくてもOKなので、まずは骨盤を立てましょう。

・余裕が出てきたら、少しずつ上体を前に倒していきます。

 

 

・骨盤を立てるのが難しい人は、クッションなどにお尻を半分乗せてみましょう。骨盤が立てやすくなります。慣れてきたら少しずつ上半身を前に倒して、脚の後ろ側をしっかりと伸ばしましょう。


≪開脚ストレッチ≫
長座での前屈ストレッチと同様に骨盤を立てて行いましょう。

 

1:無理のない範囲で脚を開いて、脚の後ろ側と内側をしっかりほぐしましょう
2:そのままゆっくり呼吸しながら30秒維持しましょう
3:余裕があれば、左右や正面に上体を倒したり、真横に倒したりしてストレッチ範囲を増やしていきましょう

ハムストリングス(腿の後ろ側)のストレッチは、姿勢の改善や腰痛の予防解消にもOKです。ぜひ毎日の習慣に取り入れるようにしましょう。


今回の記事に「いいね」と感じたら、ぜひtwitter・facebook・ブログなどで、この記事のアドレスをシェアしてくださいね。キレイを育むOKソッドが、一人でも多くの大切な人に届きますように!
 
 
このサイトでは、他にも運動不足状態から抜け出して理想のボディをデザインする方法・姿勢改善・美しく歩くために自宅でできるトレーニング等、なりたい自分になる秘訣を厳選して紹介しておりますので、ぜひ下記の「プロフィール」や「記事」をクリックして、興味のある最新情報にアクセスしてください。


Youtube【OKWALKTV】へのチャンネル登録や
OK和男の無料メールマガジン[OKウォーク通信]へ読者登録も大歓迎。
健康美容・ボディデザイン・ダイエット・ウォーキング情報を発信中!


それでは、本日も脚のしなやかさを保って、全身の血流を促しましょう!
マハロ~

【疲労回復】を促すゆったりストレッチのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ