NEW

カロリーと吸収の関係性について

【この記事のキーワード】

こんにちは!

ナチュラルスリムGYMの福浜です!

普段はパーソナルトレーナーをやっています。運動をまったくしてこなかった人・我慢が苦手で他のダイエットをしてもリバウンドした人のボディメイクやダイエットを成功させるのを得意としています。

みなさんはダイエットをする際にカロリーの計算をしていますでしょうか。
もし計算している人も今回の記事によって考え方が変わるかもしれません。

実は、調理の方法によって、人体が吸収するカロリーは大きく違ってきます。

生のキャベツよりも茹でたキャベツのほうが消化吸収がいいので、体には取り込まれやすくなってしまいます。
つまり、生よりも茹でキャベツのほうが同じ量でも摂取カロリーは多くなるということです。

また、タンパク質は炭水化物よりも消化に時間がかかるので、食べた量にくらべて体が取り込むカロリーの量は少なくなります。ただ、これについては正確なカロリーがわかっておらず、誤差なのではないかとも言われています。

さらに、豆類のようにフィチン酸など毒素も含むタイプの食品などは、体が消化や解毒にパワーを使うので、そのぶんだけ差し引きの摂取カロリーは減るとも言われています。

血糖値が上がりにくい全粒粉のパンを食べたら、普通の食パンにくらべて消費エネルギーが2倍も上がったという研究もあります。

これらのことからカロリーを正確に計算することは不可能に近いので、おおよその数字にとどめて、無理なく継続できるダイエットをしてください。
カロリー計算で疲れ果ててしまうとダイエットも続かないので。

カロリーと吸収の関係性についてのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ