NEW

背中のトレーニングで腕に効いてしまう人へ

【この記事のキーワード】

, ,

皆さま、こんにちは!

パーソナルトレーナーの斉藤大知です。

今回の内容は、背中のトレーニングで腕に効いてしまう方へについて書かせて頂きます。

理由はいくつかあるので紹介させて頂きます。

①重量があっていない

例えば、ラットプルダウンをやる時に引けはするものの背中が弱いと背中ではなくて腕で引いてしまいます。

しっかりと背中に刺激が入る範囲の重量を選択しましょう。

②腕が弱過ぎる

背中のトレーニングとは言え重りを引いているのは腕なので、腕の筋肉が弱過ぎると背中ではなく、腕ばかりに効いてしまいます。

特に女性は、腕の筋力が極端に弱い人が多いのである程度腕のトレーニングも行いましょう。

③親指を使いすぎている

親指の神経は橈骨神経で、親指を使いすぎると腕に力が入りやすくなってしまいます。

なので、ラットプルダウンをやる時は小指側から引くのを意識した方が腕に力が入りにくくなります。

今回の内容は以上となります。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

__________________ 

筋トレやダイエットの方法など、有益な情報をSNSで配信しています!

お気軽にフォローお願いいたします^_^

パーソナルお問い合わせは、公式ラインよりお願い致します♩

——————————————————–

●youtube

https://www.youtube.com/channel/UC6X-uUhLVhyaD3lBE9DRh4A


●Instagram

https://www.instagram.com/daichi__fit/?hl=ja


●公式ライン

http://bit.ly/2VlCKOA


●Twitter

背中のトレーニングで腕に効いてしまう人へのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ