NEW

腹筋運動でお腹は凹まない

 

みなさん、こんにちは!

パーソナルトレーナーの坂口です。

 

体幹にさまざまな定義がありますが、ここでは下半身と上半身を動かす筋肉以外の腹筋と背筋を中心とする筋肉群と捉えておいてください。

そして、体幹には全身の筋肉の15%ほどが集まっています。

体幹を鍛える最大の目的は、お腹の引き締めです。ターゲットとなるのは腹筋です。

実は腹筋という筋肉はなく、腹直筋、腹斜筋群、腹横筋の総称です。腹直筋、腹斜筋群のうちの外腹斜筋は体の表層にあるアウターマッスル、腹斜筋群のうちでも内斜筋群m腹横筋は骨格の近くにあるインナーマッスルです。

上体を起こすいわゆる腹筋運動ではアウターマッスルが強化されますが、お腹を凹ませたいなら内腹斜筋、腹横筋といったインナーマッスルも同時に鍛えるべき。これらのインナーマッスルは背中側の筋膜と一体化し、お腹をさらしのように巻いているので、鍛えるとコルセット効果で内臓脂肪を押さえてくれます。

姿勢も良くなるのでよりお腹が凹んで見えるようになります。

 

↓↓↓

 

~体幹を鍛える4種目~

・ベリー・ディプレッション

腹部(腹横筋)10秒キープ×8~12回×3セット

・クランチ

腹部(腹横筋)8~12回×3セット

・バック・エクステンション

腰(脊柱起立筋)8~12回×3セット

・トランクツイスト

脇腹(腹斜筋群)左右各8~12回×3セット

 

腹筋運動でお腹は凹まないのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ