NEW

睡眠不足が太る原因!?

【この記事のキーワード】

こんにちは!

ナチュラルスリムGYMの福浜です!

普段はパーソナルトレーナーをやっています。運動をまったくしてこなかった人・我慢が苦手で他のダイエットをしてもリバウンドした人のボディメイクやダイエットを成功させるのを得意としています。

今回は睡眠不足とダイエットの関係について。
一見、ダイエットとまったく関係なさそうですが、睡眠不足は食欲を増やしてしまいます。

1日でも4時間とか短いと、20%ほどカロリーが増えたという研究もあります。
またドーパミンも狂うようで、食事に満足できないという現象になり過食になります。
なお、睡眠不足で貯金が減ったり、アル中になったりといった関連性も報告されています。


この原因として、食欲にはレプチンなどのホルモンが関わっていて、このバランスが睡眠不足で崩れてしまう。
さらに、脂肪を溜め込む、ストレスホルモン(コルチゾール)も増えてしまいます。
他にも筋肉をうまく作られなくなったり、ほかにも糖尿や心臓病のリスクも増えると言われていて、睡眠不足でいいことはなんにもありません。


では、どのようにして睡眠向上をすればいいのか?

まずよく言われる「10−2時に成長ホルモンが出る」というのは間違いです。
入眠後4時間の間に成長ホルモンが多くでるので、普通の人が10時くらいに寝ることが多いため、データを読み間違ってこの俗説が広まってしまいました。

でも、時間固定するのはいいことです。
大体の人が体内時計が24時間より長く、平均して24時間11分なので少しずつずれてしまいます。
なので、朝に光浴びてリセットしないといけません。


睡眠時間については必要なトータル時間は人によってまちまちです。

ただ、脳機能のデータを見ると、やはり7−8時間のあたりが一番よくなっているので、ここを目指しましょう。

睡眠不足が太る原因!?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ