NEW

ランニングマシンの走り方

 こんにちは。ランニングアドバイザーの角地です。

 雨の日や寒い時期、暑い時期にはジムでランニングマシンを利用するととても快適に走れるので有効的です。

 しかし、ランニングマシンは、外を走るのと少し勝手が違います。

 今日はランニングマシンの走り方についてお話したいと思います。

 ランニングマシンは一部の機種を除いて、自分の意思とは関係なく走行面が勝手に動きます。自分自身で走行面を蹴らなくても自動的に進めるのが特徴です。

 このとき意識したいのは、通常より少し足の回転(ピッチ)を速めに行うことです。足の回転が速く行えると走るスピードが速くなりますが、外で走る場合は脚力がないとなかなか速く回転させることはできません。そのため、ランニングマシンで走るときには回転数を上げる練習ができるチャンスです。

 速い回転数で足を動かすことに慣れると、外を走る時にも自然と回転数を上げることができるようになります。

 また、ランニングマシンで走るときに気をつけたいのは姿勢です。

 手すりにつかまったりせずに腰や背筋を伸ばして、綺麗なフォームを意識して走りましょう。

 スピードを上げると、本来は身体が少し前傾してきます。しかし、ランニングマシンで走る場合は前傾しづらいので、傾斜をつける機能を使って、1~3%くらい角度をつけてあげると前傾しやすくなります

 今は新型コロナウイルスの影響で、ランニングマシンでもマスクをして利用しなければいけない場合が多いです。心肺機能向上のトレーニング効果はありますが、マスクをしない時と同じスピードで走ると酸欠になる可能性があるので、自身の体調をしっかりと感じながらスピードを調整するようにしましょう。

角地 真一(Shinichi Kakuchi)
日本ランニング協会認定ランニングアドバイザー/アディダスGYM&RUNトレーナー。地域や年代を超えて、ランニングを楽しみたい初心者ランナーの皆さんをサポートします。怪我無くランニングライフを楽しむ方法を提供しています。
note

ランニングマシンの走り方のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ