NEW

朝食に必要な栄養素はビタミンとたんぱく質!

【この記事のキーワード】

, ,

 今回は朝食についてお話していきます。

 朝食は一日の初めに口にする食事ですよね。

 英語ではbreakfastといいますが、Fast(断食)をbreak(壊す)という意味合いです。 

 寝ている間は食べ物を口にしませんから、つまり寝ている間の断食を終わらせるということですね。

 朝食は一日の栄養を補給し、体温を上昇させるタイミングでもあるので、とても重要な食事といえます。また、現代においては、朝に摂取するべきとても重要な栄養素が存在します。

 それはビタミンたんぱく質です(もちろん他も大事ですが、今回はこの2つを取り上げます)。

 ストレス社会に生きる私たちをストレスホルモンから守ってくれているのが、何を隠そうビタミンなのです。その中でもビタミンCは特に大事で、強い抗酸化作用を持っています。

 もしも日中に倦怠感やストレス、イライラなどを頻繁に感じているのであれば、午前中にビタミンを十分に摂取する必要があるわけです。

 また、たんぱく質もビタミンと同様、朝食に摂取しておきたい栄養素の一つです。

 特にトリプトファンは重要で、体内でセロトニン(幸せホルモン)に変換され、夜にはメラトニンに変換されます。様々な悩みを抱えた現代人にはセロトニンは明らかに不足しているともいわれています。さらに、メラトニンという物質は睡眠の質を上げることで有名です。

 ストレスと疲労で夜もまともに寝れず、疲れは溜まる一方…という方は、積極的にたんぱく質を摂取していく必要がありますね。

 まとめると、朝食にはビタミン(特にビタミンC)とたんぱく質を十分に摂取する必要があるということです。これらの栄養素があなたの1日のパフォーマンスを上げることはほぼ間違いありません。

 どんなものを摂取したらいいかというと、ビタミンは果物や生の野菜類から摂取しましょう。また、たんぱく質は納豆などから摂取するとよいでしょう。大豆にはトリプトファンがとても豊富なので、日中の幸福感から睡眠の質まで、少しずつ改善してくれる可能性が高いです。

 ぜひ試してみてください。

朝食に必要な栄養素はビタミンとたんぱく質!のページです。筋トレしようぜ!は、食事、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ