NEW

効果が期待できない筋トレ3選

【この記事のキーワード】

「トレーニング効率」という言葉をよく使います。

 同じエクササイズを10回行うとします。

 同じ10回でも、フォームやレスト(休憩)の取り方によって効果は何倍にも出来ます。

 逆に言うと、10回やってるのに、10回分の効果を得られずに終わってしまっているトレーニングもあるということです。

 わざわざ時間を割いて自分から進んでジムに行って、もしくは安くはない投資をして自宅にトレーニング環境を整えて…。

 やるからには、その1つのトレーニングの最大限の効果を引き出したいと思いませんか?

 そのためにも、今日はあまり効果が期待できない代表的なトレーニング方法を3つ挙げていきたいと思います。

 1つでも当てはまるものがあれば、今すぐに改善を試みて下さい!

 

1.休憩時間が長すぎる、管理されていない

「1セット終わったら、携帯をチェック。さて、そろそろ2セット目行こうかな〜」

 これでは、トレーニング効率は上がりません。

 次のセットに向かう時には、筋肉は完全に回復しきっていて、1セット前のトレーニングでせっかく追い込んだ筋肉の状態からさらに追い込むことができません。

 そして、トレーニングに対しての集中力、という観点からもあまり良いとは言えません。

 また、ジムでトレーニングをされている方は、器具を長々と独占して他のトレーニーさんに迷惑をかけたり、不快な想いをさせてしまうことになりかねません。

 以前、トレーニングのレストについて書いた記事がありますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

 

2.あまりにも間違ったフォームでのトレーニング

 私も、トレーニング長く行ってきて、正しいフォームでトレーニングを行うことがこれほどまでにも大切なのか…と痛感しています。

 間違ったフォームでトレーニングを行っても、全く筋肉がつかない、というわけではありません。

 しかし、狙ったところ、効かせたいところに集中させるには、適切な重さの重りと、正しいフォームが非常に重要です。

 正しいフォームで行わないと、違う部位の筋肉がトレーニングの動作を助けてしまい、負荷が分散してしまいます。

 

3.継続性、計画性のないトレーニング

 よくお客様から

「YouTubeで〇〇さんのトレーニングを見て、めっちゃ効果がありそうなので始めてみました!」

などと言われます。

 まずやってみる、という観点では大賛成です。

 しかし、次に会った時には、

「インスタで珍しいトレーニング方法が流れてきて…」

とのこと。

 今は、トレーニングの情報が溢れかえってます。

 どれを選ぶかももちろん大切ですが、一度やってみる、と決めたトレーニングをまずは3カ月継続することはとても大切です。

 どんなに素晴らしいトレーニングも、筋力アップなどの即効性のない内容のものはトレーニングの成果が出てくるのに、早くても2カ月はかかります。

 1カ月くらいで、次から次へと違うトレーニングをやっていると、選んだものが本当に素晴らしいトレーニングであったとしても、その効果を得られないままで終わってしまう可能性が高くなります。

***

 いかがでしたでしょうか。継続は力なりです!

 この3点に気をつけて、ご自身のトレーニング内容をぜひ一度、見直してみて下さい。

 

効果が期待できない筋トレ3選のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ