NEW

トレーニング効果を最大化するための3つの秘訣

【この記事のキーワード】

 せっかくトレーニングをするなら、一回一回の効果を最大化して、効率よくカラダを鍛えていきたいですよね。 

 では、どうすれば日頃のトレーニング効果を「最大化」できるのでしょうか?

 今回は「トレーニング効果を最大化する3つの秘訣」と題してお届けしたいと思います。

目次
■秘訣 その1:集中すること
■秘訣 その2:勉強すること
■秘訣 その3:習慣化すること
■最後に

秘訣 その1:集中すること

 メニュー全体を気にするのはやめて、まさに今からやろうとしていることに全集中してください。

 カラダは集中していると、全神経をそのことに傾けます。

 レースを走っている時であれば「路面」や「他のランナー」。

 そして「自分のカラダの状態」に注意がいくはずです。

 筋トレで腕立て伏せをしている時は「腕」「肩」「腹筋」などに注意がいくはずです。

 人間のカラダはトレーニングしている時、鍛えているところに集中するとよりトレーニング効果が上がります。

 集中力が分散すれば、効果が落ちてしまうのは当然です。

 また、集中力の欠如はケガにつながります。

 トレーニング中はトレーニングだけに集中しましょう。

 

秘訣 その2:勉強すること

「カラダを鍛えているのだから、勉強は関係ない」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、トレーニングに関する知識を身につけ、トレーニングの目的を明確にしておくとトレーニングの効果が上がります。

「目的なき行動」が実を結ばないのは、トレーニングに関しても同じです。

 ジョグをする時でも、「疲労抜き」なのか「スタミナ強化」なのか「スピード強化」なのか明確にしておかないと効果が出ません。

 さらに「疲労抜きの時はこう走る」「スタミナ強化の時はこう走る」「スピード強化の時はこう走る」ということを理解しておかないと、「目的にそぐわないジョグ」になってしまします。

 逆に言えば「疲労抜きの時はゆっくりジョグをする」「スタミア強化の時はゆっくり長くジョグする」「スピード強化の時は遅くもなく速くもないイージーペースでジョグする」とわかっていれば、かなりのトレーニング効果が期待できます。

 

秘訣 その3:習慣化すること

 習慣化することで一番結果が分かりやすいのは筋トレです。

 毎日腕立て伏せをやる人と、気が向いた時に腕立て伏せをやる人では、トレーニング効果は全く違います。

 筋トレは継続することで目に見えてカラダが変わってきます。

 ランナーであれば「筋トレ+ランニング」の組み合わせで、トレーニングを1カ月も継続すれば目に見えて成果がわかるでしょう。

 3つの秘訣の中で、「習慣化」が一番難しいと思います。

 しかし、一度身についてしまえば、トレーニングを継続することが苦でなくなり、さらにレベルアップすることができるはずです。

 

最後に

 集中してトレーニングし、さらに勉強してトレーニングの目的を明確にしてトレーニングの効果を上げていき、それを習慣化する。

 これが、日々のトレーニングの効果を最大限まで引き上げる秘訣です。

 当たり前のように聞こえるかもしれませんが、これを実行するのは意外と難しいのです。

 だからこそ、「やれる人」と「やれない人」の差がついていきます。

 強くなりたい方、一緒にがんばりましょう。

 応援しています。

北野 健太郎/Kentaro Kitano
日本陸連ジュニアコーチ/ランニングコーチ。
【効率よく走れれば楽に早く走れる】がモットー。幅広い世代に、長距離のカラダの使い方を中心に教えています。 
フルマラソンベスト:2時間58分

note
instagram
Twitter

トレーニング効果を最大化するための3つの秘訣のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ