NEW

自重トレーニングで肩は追い込めるのか!?

【この記事のキーワード】

, ,

 自重トレーニングに励んでいる方は多くいらっしゃると思います。ただ、なかなかうまく肩を追い込むことが難しいんですよね。肩のフロント部分ならまだやりようがありますが、サイドやリアは非常に難しいです。

 なので今回は、効率よくサイドやリアに負荷をかけていく方法を考えてみました。

 

変則的チンニング

 肩のサイドとリアに刺激をしっかり入れていきます。今回はovermaxグリップを使います。

 チンニングバーや外の公園の鉄棒などにovermaxグリップを取り付けます。できるだけワイドでしっかり固定してください。

 これで普通通りにチンニングをしてしまうと広背筋に効いてしまうので、どうするかというと…

 グリップを持ちながら足を上げてバーに引っ掛けます。

 胸を張って、できるだけ体をまっすぐにした状態で引き上げます。

 ゆっくり上げてゆっくり下す、を繰り返します。

 少し胸を張るとよく肩のサイドに入ります。少し体を起こすと肩のリアに効きます。

 イメージ的にはサイドレイズを同じような動作になります。なのでできるだけワイドにした方が肩のサイドに入ります。すごい効きます。

 自重トレーニングは背中や脚も追い込むことができますが、肩だけはどうしても難しい!!

 例えば逆立ちしてプッシュアップという形もあるんですが、その場合は肩のサイドに入りにくいんですよね。

 ですが、この変則的チンニングなら、どちらかというとサイドにしか入らないです。フロントには入らないので、とてもよい肩の広がりが手に入ると思います。

 最初は少し怖いかもしれないですが、大丈夫です! そんな難しくなくできますよ。

 ただ、このグリップがあることがポイントです。鉄棒だけでは少し難しいです。あとは脚をかけるバーがあると良いですね。

 ということで、自重で肩は追い込めます。皆さんも是非やってみてくださいね。

 ちなみに公園でやると、ギャラリーが沸くかもしれないです。

 それから、ダンベルがある方はダンベルの方が断然簡単・お手軽です!

6畳筋トレタカ
ホームジムで筋トレを始めて5年。毎日勉強!毎日筋トレ!普通の人が筋トレでボディメイクしていく方法を発信。自宅でも十分筋トレができる器具も紹介。みんなで筋トレ楽しもう♪YouTubeも配信中!

YouTube
Twitter
note

自重トレーニングで肩は追い込めるのか!?のページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ