NEW

大胸筋を伸ばすエクササイズ

【この記事のキーワード】

, ,

 どうも。大分県で活動中のbodysupport Re:Life代表パーソナルトレーナー兼フィットネスインストラクターの馬場です。

 先日は大胸筋のストレッチについて解説しましたが、今回は大胸筋を伸ばしながら姿勢を綺麗にするエクササイズをご紹介したいと思います。

 

1、ストレッチだけではダメ!

 ストレッチについては賛否ありますが、一つ言えるのは「ストレッチだけでは体の改善は見られにくい」ということです。

 マッサージと同じで、その瞬間での効果はもちろんあります。

 トレーニング前の怪我の予防としても効果を発揮するかと思います。

 しかし、僕たち人間は”緊張”する方が得意だといわれているので、例えばストレッチやマッサージで良くなったとしても、今までの癖はすぐには改善されません。

 なので、頑張りすぎている筋肉に対しては、もちろんストレッチをする必要がありますが、逆に頑張っていない筋肉も存在します。

 その頑張っていない筋肉を起こすために、エクササイズが必要になるわけですね。

 今日は猫背の方に向け、頑張っていない筋肉を意識させるようなエクササイズの実践をしていきます。

 

2、実践

 意識してほしい筋肉はこちら。

 僧帽筋下部です。

 普段の生活でこの部分を意識することはあんまりないかもしれませんが、ここを意識できるようになると、だいぶ体の感覚が変わってくると思います。

 今回ご紹介するエクササイズを実践することで、大胸筋は自然とストレッチされるので、大胸筋単体のストレッチよりも、スイッチが入っていない筋肉のスイッチをONしながらスイッチが入りっぱなしの筋肉をOFFにすることができ、一石二鳥で効率がいいです。

 そのエクササイズがこちら。

⓵四つ這いでお尻を踵につけた状態でスタート
②片手を頭の後ろに置いて、そのまま状態を捻る
③目線は肘を見て首から捻っていく
④呼吸は、息を吐きながら捻りましょう

 左右7回ずつを1セットで行ってください。

 捻ったときに、上記の僧帽筋下部に刺激が入るのを感じてください。

※肩に力が入ったり、首がすくまないように気をつけてください。

 エクササイズ終了後に、背筋が伸びる感覚が起こればGOODです。

 朝起きた時や、目が疲れた時などにやってみましょう。

 

3、まとめ

 ストレッチとエクササイズ、どちらも活用していくことで身体もいい方向へ向かいます。

 特にコロナ禍で、なかなか外に出られない方も多いと思いますが、ぜひご自宅でも体を動かしてみてください。

馬場 優人(Yuto Baba)
「bodysupport Re:Life」代表。パーソナルトレーナー兼フィットネスインストラクター。「過去とイマと未来をつなぐ」を理念として、身体だけでなく一人一人の人生をサポートしていきます。
LINE

note

大胸筋を伸ばすエクササイズのページです。筋トレしようぜ!は、トレーニング、, , の情報を集積・精査・網羅しながらいち早くお届けします。 筋トレ・フィットネスの情報なら「筋トレしようぜ!」へ